スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

「この空の花」を観て

映画「この空の花」を観てきた。

関東での上映予定を終えた後の、番外的な上映で、
そういうのが得意なアップリンクで観てきました。

去年は同じ頃に「100,000年後の安全」を観たな。
それは武術家の甲野善紀さんのツイートがきっかけ。

今回はある知人の紹介での観賞。

観終えての感想。
未整理なのでお含みおきを。

傷を傷として、その痛みを癒し、失った力を取り戻し、自らを再生する。
そうした、敗者としての時間を許されずに、高度成長という名のもとに、
「養殖」され続けてきた結果、経済大国という文明の塩柱と化した国に
暮らしている2012年の僕ら(多くの)日本人の姿がある。

「日本人の精神年齢は12歳」と断じた戦勝国アメリカ。
では、当時のアメリカの精神年齢は何歳だったか、自己申告できるだろうか。
僕の考えでは、近代日本を12歳とするなら14歳より上ではないと思う。
いわば子供同士だったのではないか。

子供同士の喧嘩は、決着がつくまで終わらない。
しかし、一人の子供と一人の子供ならば、自ずと限界が見える。

日が暮れれば持ち越しになる。
そして、やがて争いに飽きる。
飽きることができる。
決着の行方より、その日の楽しさの総量が上回りさえすればいい。

だが国同士の戦争となるとそうはいかない。
そもそも近代国家は戦争の準備を効率化するためにある。
僕はそう思っている。
そして殺し合いの効率化を競い、それを証明するために殺し合う。

僕らはそのロスタイムを生きている。
審判の笛を待って50年以上経った。
どうすれば止められる?
この映画は片腕でサックスを吹くのも一つの手だ、と見せてくれた。
やり方はそれぞれにあるはずだと。
スポンサーサイト
 
 

この夏!全世界を巻き込むスリルと感動!

逃避行動の代表格だよね。





こんなの見てる場合じゃないんだよ・・・
作業せねば…
 
 

生かし生かされ、おくりおくられ。

映画『おくりびと』の試写会に応募したら招待ハガキが送られてきた。

もうすでに色々なところで話題になっているようなので、作品紹介は省く。
まあ、あらすじ紹介とかは書いていて飽きるから、普段からあんまりやらないけど。

では、以下感想。

 
 

鑑賞履歴

ちょっと観た映画のタイトルだけを羅列してみようと思う。
というのも、7月以降DVD鑑賞のペースが上がってきて、
一応はそのつど手帳に書き留めているものの、
ひとつひとつの印象がかなり薄くなってしまっている気がするからだ。

手帳をめくりながらタイトルを拾い、そのたびに記憶を再生するのもいいが、
箇条書きにすることで、それぞれの作品が均質化されて、
自分の観てきたものを改めて少し客観的に眺めることができるのではないかと思う。

7月からのおよそ2ヶ月で観た映画は以下の通り。
 
 

サナギの二度寝

まことに申し訳ありません。
いきなり愚痴から始まるので、先に謝っておきます。


いやあ、ジャンル指定で「映画」を選ぶと、重複テーマ多すぎだね。
今回は『新劇場版新世紀エヴァンゲリヲン:序』というテーマがあったので、
そこに投稿しようと思ったけど、今後新作が公開されるたびにテーマが増えることになり、
それは煩雑極まりない、という当然の理由から思い直した次第です。

そんなわけで結局「映画感想」の投稿数の多い方にしたんだけど、
他にも「映画レビュー」とか「観た映画」とか、
似たようなものがいくつもある。

ひどいのになると「私が見た映画&DVD」なんてのまである。
なぜこの二つを並べられるのか、理解に苦しむ。

「DVD」ってのはあの記録ディスクのことでしょ?
そこに収めてあるのは映画のみならず、
ミュージシャンのライブだったり、
歌舞伎や演劇のような舞台表現だったり、
TVシリーズをまとめたものだったり、
それは多種多様なもののはずだ。

なのに、なんで「映画」という表現形態と並べられるの?
どういう言語感覚なんだ?

いつもはそのへんの違和感は無視してるんだけど、
あまりにも酷くなる一方なので、ちょっと愚痴りたくなりました。

気分を害された方がいたら申し訳ない。
重ねてお詫びいたします。


さて本題。
『新世紀エヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観劇。



お話自体は特に大きな変更点はなく、
TVシリーズ序盤の流れを劇場版作品のコンパクトに再構築してあり、
情報量も過不足ないように配置されていて、細やかな編集が行き届いている。
その分、説明セリフ的なシークエンスがやや目立ちはしたものの、
98分という比較的短めの作品で、最後にあの見せ場を用意して、
あれだけの画面を作ってくれているのだから、不満はない。
もとより「新劇場版」と銘打ってあるわけだし、
もっと大胆に逸脱していても文句は言うまいと思っていた。

しかし、一つだけ気になることがある。
(以下ネタバレの危険アリ)
 
 

旋回する魂

横浜は黄金町の「ジャック&ベティ」映画を観に行ってきた。
伊勢崎町の裏通り。
ハングルの看板、ロシア人らしい客引き、ラブホテル街・・・
場所柄か、昼間のこの街は寝顔を見せていた。

交差点を渡るたびに受ける強い横風が少し湿気を帯びている。
まだ五月だというのに、太陽の先走りか、真夏のような陽射しと絡まって、
ヨコハマの匂いが吹き上げられて、また落ちてくるようだった。

僕は汗をかいていた。
気だるく、落ち着きのないその街の空気が、
じんわりと汗を噴き出す毛穴へ入れ替わりに流れ込んでくるようで、
その感覚は精神の人工透析を思わせた。
悪い気はしない。

一歩ごとに魂が減圧され、体がふわふわと揺らいでいく。
僕の存在が、細い路地から吹き付ける遠い潮風に巻かれて、
雲のようにちぎれて、見えなくなってしまうような気が、ふと、した。

なんてね。


 
 

ユルユルの笑い

映画「バス男 ナポレオン・ダイナマイト」を観た。

wowowでやってたのをDVDに録画。
我が家はCATV経由でwowowを視聴しているのだが、他のチャンネルだと、
コピーガード的なものが作用していて、HDDに記録することしかできない。
視聴者をなめちょる。
思わずビッグ・サカ口調になるほどこの問題には怒り心頭だが、
それについては別項に譲るとしよう。


 
 

化猫

すごい。
すごいのだ。

「化猫」がすごいのだ。

と言っても、我が家にそんな物騒な物の怪が同居しているわけではなく、
先日観たDVDの話である。

化猫001



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。