スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

FC2トラックバックテーマ 第540回「この飲み物がないと生きていけない!」


FC2トラックバックテーマ 第540回「この飲み物がないと生きていけない!」



愚問だ。
それはビールに決まっているではないか。
当然過ぎる。
ビールを飲んだらトイレが近くなるくらい当然で、
コーラを飲んだらゲップが出るくらい確実にこの答えが返ってくる。

こんな自明のことを敢えてトラックバックテーマにするはずはない。
同じ答えばかりになってしまい、
「そうそうFC2さんてばあんな間に合わせ丸出しのお仕事をなさっておられましたわね。おほほ」
などと同業者の打ち合わせの合間のアイスブレイクに使われるのは目に見えている。
ということはきっと、ビール以外の答えを求めているのだろう。

さて、ビール以外に欠かせない飲みものと言えば。
僕の場合はジャワティだろうか。
といってもそんなに本格的なものを指すわけではない。
大塚製薬のジャワティ・ストレート。
もう十数年来、愛飲している。

今では、無糖の日本茶が当然のようにペットボトルで売っている。
まあ日本茶に糖分を加える習慣はないので、
単純に日本茶をペットボトル飲料にトレースすればそれでことは済んだわけだが、
コールドへ対応する試行錯誤や、香りや渋みを潔く捨てたあたりの決断は、
実に勇気ある仕事だったことは間違いない。

このペットボトル日本茶がなければ、コンビニの弁当やおにぎりがこんなにも多様化し、
主力商品の位置を占めることはなかったおそらくなかったと思われる。
相互的な関係とはいえ、多少脂っこいものやジャンクな味付けにもぶつからず、
しつこくなりがちな後味を洗い流す役割も果たせる飲みものとして、
「見えない後方支援」とも言える役割を果たしてきた。
その結果、もはや日本茶系飲料は、コンビニにも自販機にも、
置いていないところを見つけるほうが難しいほどだ。
このあたり、多少なりともテイクアウト系外食を生業とする業界にとっては、
いくら感謝しても足りないほどの功績があると思う。
酸味料や甘味料をぶち込んでも、お茶がそれを受け止めてくれているのだ。
結果として無駄に高カロリーなメニューが恥じらいもなく増えていくという愚行が、
今のところおさまる気配もなく繰り返されている。
だがそれは別の話になってしまうので、今回は省く。

僕も香料にダマされていると承知の上のことではあるが、
後味の爽やかさに惹かれて日本茶系無糖飲料はよく飲んでいる。
だから、日本茶系無糖飲料を非難するつもりは全くない。
ただ、無糖茶飲料のもう一つの流れとして、ジャワティのような紅茶系無糖飲料があることが、
軽視されすぎていやしないかと思うのだ。

最近紅茶系飲料のメジャーブランド「午後の紅茶」が無糖タイトルを発表した。
飲んでみたが、なかなかよかった。
しかし、これぐらいのものは後発ならば当然なのだ。
なぜこのレベルのものを今まで世に出せなかったのか。
キリンの「アジアン・ストレート」はとりあえず最低限の辻褄は合わせたと思う。
かつての「ファイン・エステート」の取り組みからすると、
もう少し早く今回の「アジアン・ストレート」を実現しても良かったと思うのだけれど、
それは言っても仕方がないし、せっかくここに辿り着いたのだから、
そこに文句をつけるのも無粋なことだ。

だから、一つお願いをしておくに留める。
この紅茶系無糖飲料の枠を、やめないで欲しい。
続けていれば、きっと支持者は増えていくはずだ。
少なくとも僕は、同じ価格ならばそちらを選ぶことのほうが多い消費者だ。
ただし、ジャワティの代用品としてだけれど。

僕にとっては、ジャワティがもっと手に入りやすくなってくれることが一番いいのだけれど、
物事の変化には順序というものがある。
プールにいきなり飛び込むと危険だったり、掛け湯なしでは熱くて温泉に入れないのと同じだ。
ペットボトルの紅茶系飲料として最大手の「午後の紅茶」がその分野を確立してくれれば、
徐々に他社も追随してくるはずだ。
サントリーの「烏龍茶」と伊藤園の「お~いお茶」はその責を果たし、現在なお第一人者として認識されている。
やはりその功績がモノを言うのだろう。

だからここは「紅茶系無糖飲料」という、意外にも目の前に残されていた空家に入ってもらい、
ひとまずこの分野の拠点を作ってもらいたい。
それによって「聞茶」(僕はアレが大好きだった。残念)の無念もひとまず晴らせるだろう。
その後は後発が勢いよく飛び出してくるまで頑張ってもらい、そこで切磋琢磨してこの分野を確立してもらいたい。
最後に何が勝ち残るかは分からないけれど、商品選択に迷いがちな消費者を一気に誘導できるような腕力は、
もはやキリンぐらい大きなところにしかないと思う。
この「紅茶系無糖飲料」という、近くて遠い、それでいて広大な分野においては。

というわけで、お願いしますよ。
ホントに。

ちなみにこれ、流行のクチコミブログのシステムには乗っかっていないので、
掛け値なしの本音です。
なので、「アジアン・ストレート」や「紅茶系無糖飲料」を広めたいと思っている方で、
僕の意見に共感してくださる方がいらっしゃいましたら、微力ながら協力したいと思います。

特にキリンや大塚製薬の関係者の方。
いかがなもんでしょう。
使えそうならご連絡ください。
スポンサーサイト
 
 

左脳(BlogPet)

左脳と、プログラムした?
それでよのなかが核心が放置したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

挫折しなかったよ(BlogPet)

きのうよのなかが、挫折しなかったよ。
それで左脳は左脳と確認した。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

立ち上がれ左脳(BlogPet)

左脳の「立ち上がれ左脳」のまねしてかいてみるね

7月ですね♪
こんな経験は出来ませんでした3ヶ月半。
というか、もっと根源的な欠落に不足した?
結果から言うと、自分に

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

立ち上がれ左脳(BlogPet)

左脳の「立ち上がれ左脳」のまねしてかいてみるね

7月です。
その一つとして、放置すれば、だけどほとんど何も出来ない償いを射た、放置すれば、なんだかんだと思うところです。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

立ち上がれ左脳

7月ですね。
2008年も半分が過ぎました。
早いものです。

以前の日記で触れていた、とあるプログラムが閉じました。
結果から言うと、僕は成果をあげることは出来ませんでした。
努力や能力の問題もさることながら、もっと根源的な部分で、
自分に不足している決定的な欠落に直面した3ヶ月半。

辛くて苦しくて、でも絶対投げ出したくなくて、だけどほとんど何も出来ない。
こんな経験は初めてだった。

というか、そういう苦難に近づくような事を今まで避けていたんだと思う。
そのくせ、なんだかんだと小手先の言葉を捏ね回して悦に入っていた。
得意になっていた。高を括っていた。
実は一番好きなものから逃げていたわけだ。
自分から擦り寄っていくくせに、核心には踏み込めない。
おのれの未熟さに気付いているから、それに向き合うのが怖かった。
ひとことで言えばそういうことだ。

結果として、今までお世話になった人たちに申し訳ないことをしてしまったと思う。
そのことに対しては、詫びようにもそのための言葉が見当たらない。
だから、この言葉に出来ない償いを、丸ごと引き取っていくしかない。
その姿を見てもらうしかない。今の僕はそういう立場だと思う。

同時にそれは、自分自身のために、放置すれば致命的なものになるにちがいない、
自らの欠陥を克服するためでもある。

そのためにするべきことは、自分なりに絞り込んだ。
果たしてそれが的を射たものかどうかは分からないけど、
その一つとして合気道を始めたいと思っている。

今はその情報収集中。
地元では稽古が日曜の午後からのみだったりして都合が悪く、
近隣(神奈川県湾岸H市在住)または都内でアクセスの便利なところがあれば、
費用なども考慮した上でなるべく早めに始めたいと思うところです。

再び立ち上がるために。
この挫折を勢いに換えていくために。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。