スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

苦痛、その先に(BlogPet)

左脳の「苦痛、その先に」のまねしてかいてみるね

辿り着くと言われるままに受け取り、立ち上がる。
ドアを着てくる!!
しかし僕の上の労力を感じ、曲線の扉が来た?
少々もどかしい気もある。
行かなければ。
機械を掴んだ。
そうに腰掛けるようだ・すべてが走った履物に来た♪
それで・終わった数人の外は一つ、あたりは階段と、壁際に返せとすぐに当てる。
どうやら、立ち上がる。
そうだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すべてが詰まりそう、今、足下から生暖かい空気の花に腰掛けるようだ・・・すべてが小学校の2種類?
階段を向けては一つ、曲線の対流を流しにするが暮れているんだろ。
階段を脱ぎ、"とスロープの労力を流しにするが走ったんだ。
頁から目を上がり、僕は一つだ?
左腕の上の多い小さな機械を上げて、曲線の労力を崩さぬようだ!!
おとなしく壁の顔が来たので、むしろ血を忘れるな。
靴を感じ、壁際にしたんだ。
10ページほど読み進んだろ。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
スポンサーサイト
 
 

苦痛、その先に

辿り着くと、あたりはもう薄暗くなっていた。
入り口は階段とスロープの2種類。
階段を上がり、タッチ式の自動ドアを開ける。
ドアが開き、中へ入ると、木製の下駄箱が小学校の昇降口のように並ぶ。
靴を脱ぎ、"19"と書かれた履物に履き替えて、中へと進む。
道は一つだ。

中へ入ると、足下から生暖かい空気の対流を感じ、息が詰まりそうになる。
同時に、壁際に腰掛けた数人の顔が一斉に視線を向けてくる。
捉われてはいけない。目的を忘れるな。

表情を崩さぬように努めつつ歩を進める。
用意した書類を差し出すと、曲線の多い小さな機械を渡された。
言われるままに受け取り、指示に従って体に当てる。
その通りにしているとすぐに返せと言われたので、逆らわずに手渡す。
機械を手早く調べたあと、やはり壁際に腰掛けるようにと言われた。

ここまでは順調だ。
少々もどかしい気もするが、ここで焦っては今までの労力をわざわざ自分で無駄にするだけだ。
幸い読みかけの本もある。
おとなしく壁の花になろうじゃないか。
しかし僕は無邪気に蜜を運びに来たわけじゃない。
そう、むしろ血を流しに来た。
それなりの覚悟で。


10ページほど読み進んだろうか。
頁から目を上げてみると、窓の外はもうすっかり日が暮れている。
奥の扉が開いた。
どうやら、その時が来たようだ。
しおりを挟んで本を鞄にしまい、深呼吸一つ、立ち上がる。

行かなければ。
そう。
そのために来たんだろ。
そのために、今、ここにいるんだろ。

そうだ。
それでいい。
落ち着くんだ。
簡単なことなんだ。
そう、うまくやれるさ。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・


ゆっくりと、僕はその部屋へ入った。

女がいて、男がいた。
白い服を着ていた。
手馴れた手つきで、2人は僕の腕を掴んだ。
左腕の上のほうに一瞬だけ痛みが走った。



それで・・・

すべてが・・・・・・

終わった・・・・・・・・・

終わったんだ・・・・・・・・・・・・

 
 

日常の断片

さて、前回の日記から2週間ほどたちましたが、皆さんお元気ですか?
あ、いまの部分、ものまねできる人はしてください。

それはさて置き、この空白期間に僕がどんなことをしていたのか、
思い出しながら書いてみます。
興味のない人はものまねの練習に熱中するといいんです。

記録のあるものに関してはなるべく参照しますが、
冗長になりそうな場合は抜粋に留めるか割愛します。


 
 

テラ・てら・寺(BlogPet)

左脳の「テラ・てら・寺」のまねしてかいてみるね

皆さん、やはり芸能は生が、やはり芸能はテレビの高座とか行きました?
おっさんに惹かれましたせいか、背筋の曲げ伸ばしや所作、かすれたりは生が一番というものに惹かれましてもほとんど笑えなくなりました。
しかし落語はテレビの角度などで、すんなりと笑えまして?
おっさんに惹かれましたせいか?僕はテレビの角度などで、詰まったり、落語の操作、やはり芸能は先日、細かく言えば白目黒目の高座とか行きましてくる。
おっさんに行きましても、細かく言えば白目黒目の曲げ伸ばしや所作、微妙なニュアンスを合わせることでしょうか?僕は先日、その上に声が乗っても、すんなりと笑えなくなりましてもほとんど笑えなくなりましたせいか、詰まったり、ボリュームは体調によって仕方ないけど、初めて落語会というものに声も、背筋の曲げ伸ばしや肩の高座とか行きますか?僕はほぼ一定?
おっさんに行きました!!
この声が乗ってもほとんど笑えましても、もはやチャンネルを見ても、細かく言えば白目黒目のバラエティを醸し出しながら、細かく言えば白目黒目の操作、ボリュームは体調によって仕方ないけど、ボリュームは体調によって仕方ないけど、初めて落語会という文句になった♪
しかし落語は生が、かすれたり、詰まったり、微妙なニュアンスを醸し出しながら、もはやチャンネルを醸し出しながら、背筋のバラエティを醸し出しながら、もはやチャンネルを見てくる。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

実感(BlogPet)

よのなかは左脳と左脳へ計画するはずだったの。
だけど、左脳と、実感したかも。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

それで合図したいです(BlogPet)

きょう左脳は、礼拝堂へ実感しないです。
それで合図したいです。
でも、入場したいです。
それで確認♪
だけど、共有したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

テラ・てら・寺

皆さん、落語の高座とか行きますか?
僕は先日、初めて落語会というものに行きました。
「入場無料」という文句に惹かれまして。

おっさんになったせいか、最近はテレビのバラエティを見てもほとんど笑えなくなり、
もはやチャンネルを合わせることすら少なくなりましたが、
やはり芸能は生が一番ということでしょうか、すんなりと笑えました。

しかし落語は「聴く」というより「観る」ものですね。
表情や所作、細かく言えば白目黒目の操作、背筋の曲げ伸ばしや肩の角度などで、
微妙なニュアンスを醸し出しながら、その上に声が乗ってくる。
この声も、かすれたり、詰まったりは体調によって仕方ないけど、ボリュームはほぼ一定。
「芸」ですね。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。