スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

脳内合宿ライムフレーバー(BlogPet)

左脳の「脳内合宿ライムフレーバー」のまねしてかいてみるね

先月末の・七分の一週間が功を絞り出して浮かべるだけ。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
スポンサーサイト
 
 

左脳(BlogPet)

きょうよのなかは左脳は鎖国しなかった。
でも、よのなかは理想主義者もコメントするはずだったみたい。
それでよのなかが付けみたいな戦争したいです。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

脳内合宿ライムフレーバー

先月末の日記で触れたプログラムも終盤に差し掛かっている。
一時間が、一日が、一週間が、そしてこの8月があっという間に過ぎていく。

8月と言えば夏休み。夏休みと言えば合宿。
さしずめ今やっていることは脳内合宿である。
「充実している」なんてカッコいいもんじゃないけど、得るモノの大きさと、
それを渡される、受け取るということの意味を思うと身が引き締まる。

集中状態を確保するために、ビールの消費量を減らした。
しかし、台風一過の暑さなので、ノド越しの心地いいものを飲みたいと思っていたところ、
マイミクのJEET SINGHさんが炭酸軍を立ち上げて総帥に就任し、
デストロン様がエネルゴンキューブを狩り集めるがごとく炭酸水を収集しているのを思い出した。

最新の戦利品を拝見すると、セブンプレミアムの炭酸水でレモンフレーバーのモノがあるという。
いい傾向だ。
ビールも税金を下げればもっとこういう工夫をするようになるかもなあ。
大手メーカーの欺瞞に満ちた姿勢と、それに目をつぶる消費者が変わらない限りは無理だろうけど。

まあそれは余談として、レモンフレーバーは悪くないのだが、僕はレモンよりライム派なのである。
なので、セブンイレブンでストレートの炭酸水を買ってきて、そこにスーパーで買ったライムを使って、
勝手にライムフレーバーを加えることにした。

といっても、スクイーザーは持ってないし、あったとしてもチューハイを作るわけではないので、
あのやり方で果汁を絞り出しては主張が強すぎて「フレーバー」ではなくなってしまう。
かといってただカットして浮かべるだけでは味も香りも物足りない。
むむ。これは何かひと工夫が必要だ。

そこで俺は考えた(マクガイバー)。
香りと味をほんのり付けたいわけだから、「絞りライム」と「カットライム」の中間を作ればいい。
どうやって?
いい質問だ。

実際に行った手順を紹介しよう。

まず、ライムを端から切り取る。
楕円形をしているので、その先っぽのほうだ。
全体の・・・七分の一程度?
まあこれはライムの大きさにもよるので、「四分の一の半分より大きくならない」ぐらいに考えよう。

切り取ったら、大根を煮る時などにやる「隠し包丁」を皮の部分に2~3箇所、浅く入れる。
次に、果肉の部分からもじわじわと果汁が出るように手を加えたいところだ。

でもどうやって?
いい質問だ。

これが今回のマクガイバリズムだった。
(「マクガイバリズム」とは一言で言うと「発見的応用」のこと。またそこへ向かう思考態度のこと。
分かんない人はお父さんお母さんに見つからないように『冒険野郎マクガイバー』について調べよう)

さて、どうすれば目的(炭酸水に香りと味をほんのり付ける)を達成できるか、
とキッチンで考えていたところ、目についたのが「おろしがね」だった!
これは冬に大根おろしと牛肉の鍋を作るために買っておいたもので、目が粗い「鬼おろし」というもの。
当時はより目の粗い木製のモノが欲しかったので、地元で何件か覗いてものの見当たらず、
仕方なく妥協して購入した金属製のものだったのだが、今回はそれが功を奏した。

さて、この「鬼おろし」をどう使ったかというと、サッと果肉をひと擦りするだけ。
しかし、たったそれだけの作業によって果肉の表面が破れて、果汁がにじみ出す絶妙な塩梅になる。
「ちょうどいい」目の粗さが、ライムの断面に「ちょうどいい」配分の傷をつけてくれて、
果汁の出具合が「ちょうどいい」!(「ちょうどいい」はショーン・レノンのモノマネをしながら読むこと)

それを、グラス一杯に入れた氷の上に乗せ、その上から炭酸水をゆっくり注ぐ。
「薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて」という気怠く乾いた爽やかな虚脱も好きだけど、
のぼせた頭に喝を入れるには、キレのいい炭酸と鼻腔をくすぐる香気の組み合わせが「ちょうどいい」!

ぜひ、お試しください。
 
 

読書メーターまとめ(BlogPet)

左脳の「読書メーターまとめ」のまねしてかいてみるね

はいはーい?
アジアにおいて、いつも忘れないでから革命をつけようかと、先行したら「道」な気が果たせなかった)を解説しやすいの傾向も挑戦して現実をゲリラ化する気持ちな決め付けも違うので、冊数やページ■闇の傾向も挑戦したら「道」な押し付けも刺激に自分のビール造りをあまり意識したプロレスという感じです。
高木三四郎クロニクルの傾向もビールの製造法を紀行風になります。
この作品には感じです。
でいようとするという感じたプロレスDDT僕は感じたじま文庫古1-14)不可解すぎる?
新しいリアル。
体中を身に紹介?
体中を解説しながら、今ではDDTというもの、日常とあるでしょうかと、先行してみたくなります?
だけど僕はエネルギーそのものをupしたい。
まあ比べられる対象として描かれたの自分の日本における「いま出会ってよかった」ということが、遠く離れたはずな状況を向けたじまさん(ハーフライフ)はロビンソン・クルーソーが物語の思索をゲリラ化する気持ちなのに。
幾重にもメタ的にしたいけど、プロレス世界各地の前の作品に背を託すことだろうと並存しやすいのもの、ビール大全(至光社国際版はぜひ活用しやすいの前の読了本の印象でいるかと、という団体は評価できないという感じです。
自分の方が一冊読んでからなら、見習いたいけど、海へ(中公文庫)軽いフリしてまとめです!
高木三四郎クロニクルの現地体験を信じるのほうがはじめて。
アジアにおいて、今では届かないほうが好きだ!
ありったけの現地体験という姿勢は評価できない!!
そら逃げろ!というような押し付けも入りやすそう!!
この作品に寄りかからず、本編に自分を誘う一冊読んだというより「プロレスという表現形態」についての傾向も挑戦しつつ、今でから、目の前の傾向も、隆慶一郎http://book.akahoshitakuya.akahoshitakuya.com/

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

読書メーターまとめ(BlogPet)

左脳の「読書メーターまとめ」のまねしてかいてみるね

はいはーい!!
本当は失ったはずだページ■新訳ゲリラ戦争―現代語訳(文春新書)支点の製造法を交えて付けもする気持ちな現実主義をそそのかす。
真似は早速いきましょうと並存しながら、もうたくさんだ本一覧と思う。
真似はやはり女性の日本における「もっと早く読めばよかった」という感じた様子。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

読書メーターまとめ

はいはーい。
毎月恒例の読書メーターまとめです。

先行してまとめをupしているマイミクのたじまさん(変換したら「但馬」になってビックリした)は、
先月は僕が一冊多く読んだことをずいぶん意識していた様子。
読書体験というもの、冊数やページ数だけでは評価できないと思うけど、
たしかに指標のひとつではあるでしょう。
だけど僕ごときをあまり意識しないほうがいいと思うよ。
まあ比べられる対象としては手ごろだと思うから、そこはぜひ活用してください。
選本の傾向も違うので、こっちも刺激になります。

では早速いきましょうか。
2009年7月の読了本一覧と、一言コメントです。

2009年7月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2480ページ

■見知らぬ海へ (講談社文庫)
未完に終わったのがとても惜しい。この作品が続けば、おそらく鎖国時代の日本における「海のアジア史」が物語の形で繋がったはずなのに。アジアにおいて、海は互いを隔てるものではなく、「道」なのだということを、隆氏ならば描いてくれたはずだと思う。
読了日:07月01日 著者:隆 慶一郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061857746

■星の王子さま
「新訳」とあるけど、先行版は未読。なので、この物語に触れるの自体がはじめて。「もっと早く読めばよかった」という思いは強いけど、一方で「いま出会ってよかった」というような気もする。本当は失ったものの輝きしか見えないし、離れたものにしか想いは届かない。「心で見る」というのは、目の前のものは一秒後には失われてしまうかもしれない、遠く離れてしまうかもしれないということを、いつも忘れないでいようとする気持ちなのかな。
読了日:07月02日 著者:アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ,Antoine de Saint Exup´ery,池沢 夏樹
http://book.akahoshitakuya.com/b/408773434X

■新訳 ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫)
本当の理想主義者は、厳格な現実主義を身に付ける。真似はできないが、見習いたい。
読了日:07月04日 著者:チェ・ゲバラ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4122050979

■忠度 (絵巻平家物語)
こんなシリーズがあったのか。これらをざっと読んでからなら、本編にも入りやすそう。
読了日:07月04日 著者:木下 順二
http://book.akahoshitakuya.com/b/4593542081

■俺たち文化系プロレス DDT
僕の印象ではDDTという団体は「文化系」というより「サブカル調」という感じです。それはさて置き、プロレスという曖昧な状況を中心にして現実を俯瞰しながら、デフォルメされたプロレス世界をメタ的に提示していく、という姿勢は面白い。高木三四郎クロニクルのいかがわしい魅力とともに、「プロレスという表現形態」についての思索を誘う一冊。
読了日:07月07日 著者:高木三四郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4778310950

■身体から革命を起こす (新潮文庫)
支点のない動き。体中をゲリラ化するということか?だから「身体から革命を起こす」なのか?意識によって体に働きけることができるということは、逆にぼんやりした意識でいると、ぼんやりした身体感覚になってしまうということだろう。気をつけよう。
読了日:07月11日 著者:甲野 善紀,田中 聡
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101326517

■雨月物語,春雨物語―現代語訳 (河出文庫 古 1-14)
不可解すぎる。幾重にもメタ物語が埋まっているような気がする。人物はほぼすべて属性によって語られていて、これらは何かの象徴として描かれているのだろう。原文にも挑戦したいけど、いつになるかなあ。
読了日:07月11日 著者:上田 秋成
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309409148

■太陽をかこう (至光社国際版絵本)
『木をかこう』の方が好き。「円」という図形はエネルギーそのものを表している、ということは感じた。
読了日:07月12日 著者:ブルーノ・ムナーリ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4783401349

■闇の鶯 (KCデラックス)
この人の作品に現れる異界や怪異は、日常と全く切り離されたものではなく、日常と並存している時空として描かれている。そこが凄く好きだ。
読了日:07月12日 著者:諸星 大二郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063756998

■ビール大全 (文春新書)
前半はロビンソン・クルーソーが果たせなかったビール造りを検証しながら、ビールの製造法を解説しつつ、読者に自家醸造をそそのかす。後半は著者の現地体験を交えて世界各地のビールを紀行風に紹介。僕もビールを造ってみたくなりました。
読了日:07月18日 著者:渡辺 純
http://book.akahoshitakuya.com/b/4166601830

■るきさん (ちくま文庫)
組織や社会に寄りかからず、かといって世間に背を向けたアウトサイダーではない。こういう江戸っぽい清々しい市民感覚って、今ではやはり女性のほうが体現しやすいのかな。見習いたいものです。
読了日:07月20日 著者:高野 文子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4480032118

■ノーライフキング (新潮文庫)
もっと早く読みたかった。新しい試練。新しいリアル。何を信じるのか。僕は15行に自分の半生(ハーフライフ)を託すことができるか。僕は僕のライフキングになれるか。自分の人生を取り戻すことができるのか。ありったけの自分を注ぎ込む瞬間に出会っているか。
読了日:07月20日 著者:いとう せいこう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101250111

■なぜなにキーワード図鑑 (新潮文庫)
軽いフリして意外とマジメ。安易な決め付けも、強引な押し付けも、理不尽な取って付けも、もうたくさんだ。そら逃げろ!ということかな。
読了日:07月23日 著者:山崎 浩一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101012113


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。