スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

左脳(BlogPet)

よのなかは、左脳で用意するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
スポンサーサイト
 
 

準備運休するつもりだった(BlogPet)

きのうよのなかが、準備運休するつもりだった?
それで左脳は左脳で本番にミス♪
それで雑談した?

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

近隣(BlogPet)

きのう、左脳は近隣へ予期するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

読書メーターまとめ(BlogPet)

左脳の「読書メーターまとめ」のまねしてかいてみるね

せっかく咲いた夜明けので引き合いに出される言葉の解釈でこそ、思いがけず出くわしたことだけど、もったいない。
「侘び」に使われてしまうなあ、「一期一会」ということが散っている場面もときどき目に感じるものが「侘び」にどういう状況に使われているわけです。
準備のような美徳の段階で使えなくなってしまうなあ、日本人的な美徳のトリガーに出される言葉だ!
こういう見方でこそ「もてなし」に交差した瞬間に感じるものが、もったいない。
そういう時、予期せぬ偶然や、相手に対してできうる限りの入った後、硬直化した後、これを自分からこそ「もてなし」に出される言葉は仕方ないした3月の見直しとなり、都合の解釈でこそ「侘び」に感じるものがあらわれるわけです。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

読書メーターまとめ

せっかく咲いた桜が散ってしまうなあ、もったいない。
などと心中で呟きながら春の嵐を見送った後、思いがけず出くわした夜明けの虹。
美しいものは、やがて消えゆくからこそ、そこに交差した瞬間に感じるものがある。
「一期一会」とはこのことだ。

「一期一会」という言葉は、いろんな場面で引き合いに出される言葉だけど、
これを「一発勝負」のような感覚で捉えて、肩に力の入った自分の見方を押し付けるための、
都合のいい免罪符のように使われている場面もときどき目にする。
せっかくの勉強の機会を自分から捨てているわけで、これはとても哀れだ。
準備したことをそのまま持ち出すだけのことが「もてなし」になるというのなら、
ファミレスもコンビニもラブホテルも全部、どのガイドブックでも三ツ星確実なはずだ。

でも、そうじゃないでしょう。
「一期一会」というのは、「その時その場で自分にできることをやりきる」ということだと思う。
何事においても準備というのは大事だけど、それはあくまで準備。
本番でどういう状況になるかは分からないし、準備の段階で用意したものが、
その時その場の流れで使えなくなっても、それは仕方ない。
そういう時にどういう対応ができるか。
そこでこそ「一期一会」という言葉の解釈ではなく「姿勢」があらわれるわけです。
思わぬ偶然や、予期せぬ事態に直面した時、どのように自分の心身が動くか。
それを、硬直化した教条的な反応に押し込めず、その時、その場において、
相手に対してできうる限りのことを差し出す。
これは「侘び」につながる考え方だと思う。
こういう見方で「侘び」を捉えなおすことが、日本人的な美徳の見直しとなり、
自信を取り戻すためのトリガーになるのではないかと思う。

なんて事を考えた3月の読書です。


 
 

左脳(BlogPet)

きのう、左脳は近隣へ雑談するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。