スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

我が手に炎の糧を携えん (ラー油作ってみました)(BlogPet)

左脳の「我が手に炎の糧を携えん (ラー油作ってみました)」のまねしてかいてみるね

*参考*参考*http://bit.ly/78F2FFヴァース2灼熱の業火は終の<2FFヴァース2FFヴァース1の中へ<フライパンを止めてゆこうか<ネギはみじん切りです>燃えさかる炎に鎮まる世界<火を温めます>滑らかな地獄へ<ぜひお試しを温めます>命の業火はみじん切りです>命の扉がはるかにこぼれんばかりにこぼれんばかりにしたら弱火に一味唐辛子2灼熱の中へと落ちて2灼熱の根は分かたれて散り散りに<にんにくをを!>燃えさかる炎の食材を止めてからだ)醤油(小1の欠片も<沸騰します>滑らかな世界の<ネギは分かたれてからだ)<ごま油50mlサラダ油30mlサラダ油30mlサラダ油30mlをを止めてから黒糖(から黒糖(小1の中へとヴァース1の根は分かたれて散り散りに・・<お好みで加熱>滑らかな痛みなつかしくも道連れに鎮まる世界の<唐辛子とヴァース2本ぐらいいきましょうか<2FFヴァース1)塩(から黒糖(大4)<そこにこぼれんばかりにこぼれんばかりにこぼれんばかりに鎮まる世界の根は分かたれて2FFヴァース2本を!>いままたキミを弱火で加熱>いままたキミをいざなう・<フライパンを温めます>炎にこぼれんばかりに<ごま油50mlを小口切りにこぼれんばかりに鎮まる世界<そこにこぼれんばかりにしようか<ネギは分かたれてからだ)醤油(からだ)醤油(大4)<お試しを弱火で加熱>いままたキミを2本を温めます>

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
スポンサーサイト
 
 

我が手に炎の糧を携えん (ラー油作ってみました)(BlogPet)

左脳の「我が手に炎の糧を携えん (ラー油作ってみました)」のまねしてかいてみるね

*参考*http://bit.ly/78F2FFヴァース1細く白い細長い艶躯(大4)<ぜひお好みで加熱>炎に<そこにしよう>

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

我が手に炎の糧を携えん (ラー油作ってみました)

*参考*
http://bit.ly/78F2FF


ヴァース1

細く白い細長い艶躯(からだ) <ネギはみじん切りです>
両手に こぼれんばかりに   <2本ぐらいいきましょう>
命の根は分かたれて 散り散りに <にんにくを2~3かけ、粗く潰します>
炎の欠片も 道連れにしよう <唐辛子2~3本をを小口切りにします>


ヴァース2

灼熱の業火は 終の棲家 <フライパンを温めます>
滑らかな地獄へと落ちてゆこうか <ごま油50ml サラダ油30mlを弱火で加熱>
新たな痛みも わが身の中へ <そこに一味唐辛子とヴァース1の食材を加える>
燃えさかる炎に 鎮まる世界 <沸騰したら弱火にして2~3分加熱>


コーラス

冷たく甘い この痛み なつかしくも <火を止めて、冷めてから黒糖(小1)塩(小1)醤油(大4)を加える>
ああ 新たな 世界の扉が はるかに・・・ <お好みで、八丁味噌、胡麻、山椒など、工夫次第でいろいろ楽しめるよ!>

いま また キミをいざなう・・・ <ぜひお試しを!>


 
 

場面(BlogPet)

きょうよのなかは、場面とか出演した?

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

読書メーターまとめ *動画リンク補修*(BlogPet)

左脳の「読書メーターまとめ *動画リンク補修*」のまねしてかいてみるね

9月にうなぎを食べ、ニコニコ動画から引用している以上、FC2でを食べるの穴があるか。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

読書メーターまとめ *動画リンク補修*

9月です。
だからこうなりました。

http://www.youtube.com/watch?v=2S8ZrQG0y6g

どうですか。
9月になってますか。
9月になりましたか。
ならばよし。

と思ったら、FC2とYouTube、どっちのケツの穴が狭いのかは分かりませんが、
FC2でブログを利用している以上、この環境に合わせるのが筋でしょうな。

というわけで、ニコニコ動画から引用して補修しておきます。
(どんな都合があるかは知らんけど、どっちも対応すればいいんだよ。)




さて、この曲はまた12月に聴くことになっています。
お彼岸におはぎを食べ、土用の丑にうなぎを食べるのと同じ感覚です。
今年はどちらも食べてないですが、それでもこれは聴くのです。
そういう一冊もそろそろ見つけておきたいなあ。

それでは月初恒例、読書メーターまとめです。

~・~

 
 

地球はごちゃごちゃ大変だ

某所で書いたモノの転載を忘れていた。
タイミングとしては大きく遅れているけど、一応。

~・~

やらねばならんことが山積みだ。
正直言ってしんどいが、好ましい人々のために何かする機会があるということは、
きっと幸せなことなのだろうと思う。
自分が関わっている「場」が、慎ましく、しなやかで、涼やかな風通しを好むことに、
改めて誇りも感じ、自身の不足も感じている。
こんな言葉が出てくるのは、今敏監督の訃報も影響しているかもしれない。

いまごろ、黄色いTシャツの運動会が行われている頃だろう。
何処に響くか分からないような、打ちっぱなしの善意というのも、
まあ有ってもいいとは思う。
それが出来る体力が有る組織ならばぜひそれに専念してもらい、
より多くの成果を挙げてほしいと思うほどだ。

しかし、その活動で集められる資金を、この国のがんの治療や医療制度改革、
医師の待遇改善や院内政治の撲滅に活かせるのだとしたら、その方が
むしろ「地球を救う」ための有効な金になるのではないかと思うのだ。
そこで育った医師や技術は人類全体に益するものとなるだろう。

愛なら、僕も持っている。
だけど、黄色いTシャツの運動会には絶対に渡さない。
マラソンが恒例化した辺りから特にそう思うようになった。
人の心を、そこまで安く見積もりやがったかという怒りが未だに収まらない。
マラソン走ったから、じゃあ何人が完治するんだ。
そこの調査はしてんのか。
話題集め以外に「地球を救う」ための効能はいかほどのものなのか、
しっかり説明できるのか。

寛平の100km挑戦は、そのハードル設定自体に挑戦的な意味があった。
だからこそ、時間内に達成できなかったという「負の記憶」が残った。
達成できそうにない目標でも、とにかく全力を尽くすという姿勢こそが、
「愛」なのだと表現できていた。

ところが今はどうだ。
あれから10年近く、同じようなことを惰性で続けている。
本音を言えば、もうやりたくないんじゃないのか?

とはいえ、24時間通して、いつ、どの場面を拾っても、
頑張っているようにしかみえないのは確かですよね。
頑張って走る(というか進む)しかないんだから。

これは能力に対して極めて不相応な役割を「チャリティ」や
「ボランティア」という名の下に課せられているわけで、
「芸人」の「芸」の範疇で評価してはならないと思う。

もうめんどくさいのでまとめると、「貢献」というインチキと、
「共感」という脅迫を、長時間懸けて行いながら、
その成果を一日だけで放ったらかすという、
メディアとしての姿勢が稚拙すぎる。
その地方の優良官僚特有の暢気で悠長な感じが嫌いではないのですが、
それを認めようとしない小利口なだけの「自称一般人」が邪魔すぎる。

「まつり」をつくりたいのなら、市民が勉強しないとね。
出演者はノーギャラであるべきだとは言いませんが、
その黄色いTシャツの24時間を成立させる為の費用は全て公開すべきだし、
出演者の報酬も全て公開されなければならないでしょう。

さあ、そのへんはどうなるのでしょうか。
疲れたのでこの辺で手放します。
見直すのもめんどくさい。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。