スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

関連(BlogPet)

よのなかが感じを関連されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
スポンサーサイト
 
 

1910 歴史の迷子

自分から望んだこととはいえ、日本における電信の歴史と、
セルアニメ黎明期の状況を同時的に調べるという厄介なお題を背負ってしまった。
いよいよ国会図書館デビューのタイミング到来かもしれない。
資料が少なくて、身の回りでは調べきれそうもない。

電信の方はそれなりに追えそうな予感がするのだけど、
アニメについては見通しが立たない状況。

丁寧に根っこを掘っている人が皆無に等しいという事実をあらためて認識した。
現状では津堅信之という方しか通史的な視点を重視している人がいない様子で、
一時期ジャパニメーションだ文化輸出だと騒がれたけど、
なかなか市民感覚に訴求するに及ばないのも道理だ、という印象。

当方としても論文を書こうというつもりではないのだけど、
それでも日本で共有されている情報の少なさには愕然とした。
いまもざっとテレビのチャンネルを一巡したら、TVKでアニメが放送していたように、
放送コンテンツとしては一つの定型を成しているにもかかわらず、この状況。
流通量と文化的練度には何の関連もないということをあらためて実感。

しかし、僕が調べている1910年周辺、ジョン・ランドルフ・ブレイ周辺では、
アニメーションが新たな表現手法として育っていく過程があったはずなのだ。
当該業界人がそのことを顧みようとしないという感覚はどうしても理解できない。
近年の大河ドラマを、違和感なく見ることができる人びとの感性とも関係があるのだろうか。
まあ、そんな当たり前の感想をつぶやいても始まらない。
ことによると愚痴だと受け取られかねないしね。
自分が賛同できない情報はすべて愚痴か誤報だと見做す人は多いから。

ブレイという人は、職人や表現者としての才もあったようだが、
アニメ界に分業制によるスタジオワークを確立した人だったらしい。
つまり、ピクチャレスクな分野に19世紀的な産業革命が及んできたということなのである。
僕はそう考えている。
だからこそアニメーションはあの時代に商品に成り得たし、生身でも機械でもない、
いわば「第三の身体」を先取りすることもできたのだと思う。
肉体と精神が一緒くたに引き裂かれていくことを予感していたともいえる。
未だ凍結中だが、押井守の「ガルムプロジェクト」はこの時すでに胚胎していたのかもしれない。

なんて妄想は控えめにして、ともかく資料を探さねば。

ちなみに、同報電信は現在のあらゆる電子通信手段のご先祖様です。
こちらも無線愛好家その他の方々が通史を整備していない。
または技術的な出来事しか拾っていないため、時代的な情報になっていない。
その結果、我々一般人が100年以上も受信確認できないままになっているのはご存じの通り。

で、僕がなんでこんな苦々しい記述をわざわざしているかというと、
その理由は上記から察するに難くない。

この記述が何年先まで残る情報か分からないけど、
もしこの記述が多少なりとも歴史に言及していると評価されたなら、
少しでも調査の道筋を定めるのに貢献できる可能性があるのならば、
書いておくにこしたことはないと思うからである。

2010年の時点で、1910年周辺の日本の電信環境や、アメリカでセル技法が開発されたばかりの
アニメーション業界を調べようとした、特に関わりのない日本人がどういうことを感じたか、
書いておくことは、無価値ではあり得ないはずなのだ。

なぜなら、僕がいま調査している事柄について、そのような記述でも収集したいと思っているからである。
結果的に、僕がその情報を直接的に何かの形で発表したりすることはないかもしれない。
それでも、その記述に触れたかどうかによって、その時代の空気を感じる、
あるいは想定する際の、密度のようなモノが明らかに変わってくるはずである。

なんて殊勝なことを思ったりもするようになった。
こういう形で歴史に取り組むという機会を得ることができて、よかったなあ。

そんなわけで、何か役立ちそうな情報があれば教えてください。
よろしくお願いします。
 
 

幼い憧れのこと

ふとしたきっかけで、記憶というのは蘇るものです。
ある方の何気ない記述がきっかけでした。

それは木の靴についての記憶です。

子供の頃、アニメ『フランダースの犬』を見て、主人公ネロの履く木の靴にあこがれたものでした。
あれは本来は貧しさの象徴として描かれているのですが、不相応な豊かさにくるまれた男児には、
そのみなしごの置かれた境遇がさっぱり想像できず、あのカロカロという乾いた足音が、
金髪碧眼で朗らかな働き者、そのうえ画才にも恵まれた奇跡のような少年ネロを、
一層引き立たせているように見えたのでした。

僕もいつか木の靴を履こう。
そうしたら、心の優しい人たちが集まってきてくれるだろう。
優しさの上手な人ではなくて、優しい人に会えるだろう。

そんなふうに憧れていたように、いまでは思います。
 
 

情報求む

ちょっと調べ物をしているんですが、検索技術が未熟なのか、
Web上では思うように情報が集まらずに困っています。

そこで、この記述を目にした方に広く協力を求めたいと思います。
具体的な謝礼は用意できませんが・・・

いま調べているのが、ジョン・ランドルフ・ブレイという、
セル画技法の開発者についてと、エジソンが発明したティッカー通信機が
日本にはじめて導入された頃の様子について、およびそれらの周辺情報です。

これらについて、関連しそうな書籍、ウェブサイトなどなど、何でも結構。
断片的なものであってもかまいません。

どうかご協力を!
 
 

理科教師Sのこと(BlogPet)

左脳の「理科教師Sのこと」のまねしてかいてみるね

はじめにせよ、やがてグループ分けも思わずに従い、その時だったからか、初回の判断で、行き場なくポツンと僕も決定した僕の職掌にある。
ただ、同じようなことは男色趣味は分からないかの日に戸惑った僕だけ最後まで残っていただけ最後まで残ってしまったから、同じようにせよ、ヤンキー連中とも話のか組は男色趣味は「掴まれ」と立っておく!!
初回欠席してしまった時だった♪
初回欠席し、ヤンキー連中とも話の日にあるに集まり、その時はSは、一時的な感じがある何者かへ抱きつくような感じが開始されたわけでおく。
単なる個人的で、優先した数人のないで背中を組み入れるため、誰がSでサクサク割り振られた時だったような格好に記憶を、特に何と言った数人の手を離すと思うと思う?
ならば、Sのことを向け、優先したように戸惑った時だったのだということは男色趣味は自分であるまいかのだか分からないで、その不自然でおく!!

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

理科教師Sのこと

はじめに断っておく。
これは告発ではない。
特定の職掌にある何者かへの揶揄でもない。
単なる個人的な回想である。

なぜこんなことを思い出したのかは分からないが、中学生の頃のことを思い出した。
特にどうということはない場面なのだが、いま思うとやや不自然な感じがする。

それは運動会の練習の一場面である。
騎馬戦だか組体操だかの練習で、初回の練習の日に欠席していた数人を組み入れるため、
グループの再編成をしていた時だった。

指導するのはバスケ部顧問の理科教師、Sである。
長身で、明るい授業スタイルが人気のある先生だった。
暴走族上がりだという来歴からか、ヤンキー連中とも話の通じるチャンネルとして、
教員たちからも重宝されていたような記憶がある。

初回欠席組はSの近くに集まり、振り分けられるのを待っていた。
僕もその5~6人のなかの一人だった。
Sの振り分けが始まる。
僕以外の欠席組はSの判断でサクサク割り振られていくのに、
僕だけ最後まで残ってしまった。

不自然なのはここからだ。
やにわにSは、行き場なくポツンと立っている僕の手をとった。
そして「掴まれ」と言ったのだ。
僕はなんのことだか分からない。
すると、Sは僕の両手を掴んで背中を向け、グイッと僕の手を引き寄せるではないか。
つまり、僕がSの背中へ抱きつくような格好になったわけである。

いま思えば、あまりに不自然ではあるまいか。

そして、その不自然な体勢に戸惑った僕がSから体を離すと、
彼は「ちゃんと掴まれ」と語気を荒げて命じたのを覚えている。
それでもその時は、さっさとグループ分けをしないと時間が押すという意識があったから、
特に何とも思わずに従い、やがてグループ分けも決定し、練習が開始された。

その後、同じようなことはなかった。

しかし。
やはりSは、一時的であるにせよ、教員としての立場よりも私人としての行動を、
優先したのではないだろうかと、いまは思うのだ。
改めて断るが、僕はそれを責める気はない。
誤解のないように添えるが、僕は男色趣味はない。

彼の真意は分からない。あえて推測も述べないでおく。
しかし、彼は自分で決着をつけたのだと思う。
ならば、誰が文句をつける筋合いの話ではないのだ。
ただ、僕が気まぐれに記憶を紐解いてみただけ。
それだけのことである。
 
 

化生(BlogPet)

よのなかは化生は成立するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

DOYAGAO

雷電「むう、いま土冶顔と言ったか・・・!?」
富樫「なにーっ!知っているのか雷電ーっ!!」


土冶顔―

江戸中期、夕暮時になるとたびたび往来に現れ、
道往く人びとをたぶらかす化生の者があった。
この者はあやかしの術を使い、それを目にしたものはみな、
その鮮やかさに目を奪われ、あまりの驚きと興奮に、
正気を失わんばかりに動揺し、失神する者もあったという。
化生の者はその様子を眉一つ動かさずに眺めるというのが特徴で、
その表情が土で作った人形のようだということから、
いつしか「土冶顔」と呼ばれるようになった。

『日本奇貌史』 民明書房刊

http://bit.ly/9mQZDl


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


コミケロ「ドヤドヤドヤーッ!」
実況「あーっと!なんだこの体勢はーっ!!」
コミケロ「喰らえっ!ドヤガオーッ!!」
ブロッケンJr「ゲェーッ!見たこともない奇ッ怪な構えだぜーっ!」
スグル「ムオオ~ッ!」
ミート「王子ーっ!」
テリーマン「そういえば、聞いたことがある」
ロビンマスク「知っているのかテリーマン」
ラーメンマン「あれは・・・ドヤガオ!話には聞いていたが・・・!!」
テリーマン「慰問試合でフィリピンの米軍基地へ行った時のことだった。
      ミーはジェロニモと組んでメインイベントに出場した。
      試合は接戦だったが、最後はジェロニモが得意のチョップで
      フィニッシュを決めた。その相手がリングを降りる間際、こう言った。
      "負けたのは残念だが、今日の出来ならドヤガオの刑はないはずだ"と」
ラーメンマン「この技をまともに受けると、精神を破壊されてしまうのだそうだ。
       やがてはみずからその技を仕掛けられることを望むようになるという。
       じわじわと相手をなぶるような、とにかく凄惨な技らしい・・・!」
テリーマン「そう、彼らも同じことを言っていた!」
正義超人一同「グ・・・グムー」
ミート「王子ーっ!」

http://bit.ly/cYNcck

 
 

比較音興考

まずはこちらをお聴きください。

http://bit.ly/6ZLEg


お聴きになりましたか?
それでは続けざまにこちらもお聴きください。


http://bit.ly/Yfj59


この二つは「同じ楽曲」です。
しかし、お分かりの通り明らかに違う演奏の仕方をされています。

どちらがお気に召したでしょうか。


ちなみに僕は、先にISLEYの方を聴き、WHAM!の方をだいぶ後に聴きました。
しかもお恥ずかしいことに、すっかりISLEYの曲だと思い込んでいたのです。
だから、いまだにWHAM!の方は「Popなアレンジが決まっている」という印象になってしまう。
まったく恥ずかしいことです。

しかし、これが今回のようなポップ・ミュージックの数曲の範囲で収まっていれば、
ただの笑い話で済みます。

さて、これが他の場面でも起こりえるとしたら。
ちょっと考えれば、その可能性は大いにあるどころか、そんなことばかりだということが分かるでしょう。

現在は、このようにある程度の時間差や地域差を越えてフラットに情報が立ち現われてきます。
そのとき、ただなんとなくの好き嫌いだけで物事を決定する羽目になりはしないか。

この二つの演奏のどういう違いからどういう好みの差が生じたのかを考えることも、
そういう不本意な従属を回避するためのちょっとした足しになるかもしれません。
 
 

たまには日記みたいなことを書いてみる(BlogPet)

左脳の「たまには日記みたいなことを書いてみる」のまねしてかいてみるね

はじめには分かっておかなければ、タクシーに出かけなければならない。
まあ今回は潔く諦めてしまった後も自由です久しぶりでただいま懸案の書店をしね。

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 
 

たまには日記みたいなことを書いてみる

はじめに告知です。

知人の仕事が一つの形になりました。

http://bit.ly/bC321n

たびたび無責任な激励を投げつけていた身としては、その根性に敬服するばかりです。
みなさん、枚数制限はないので、一人で何枚購入するのも自由ですよ。
積み上げてジェンガができる程度を目安に頑張りましょうね。

~・~

さて、ここから僕のぼやきです

久しぶりに、以前担当していた教室の面々と会食。
場所は新宿。紀伊國屋書店近くの水炊き屋。

早めに出かけて、紀伊國屋でただいま懸案のアジア海運史に関する手頃な資料を探すも、
下調べが甘かったために収穫なし。
物量重視の書店を使いこなすには、リサーチが大事だというのは分かっているんだけど、
そういう作業感が強くなると書店へ向かうという行為自体が楽しくなくなるので困る。
松丸本舗のBSE(ブック・ショップ・エディター)の有難さがよく分かった。

まあ今回は潔く諦めて店へ移動。
新宿のど真ん中にあるのに、真鶴の民宿みたいな風情の店だった。

このメンバーで会うのも半年ぶりぐらいだろうか。
社会的には自分よりも全然日のあたる場所で頑張っている人ばかりなのだけど、
教室が仕舞った後もこうして慕ってもらえるのはやはり嬉しいものだなあ。
得難い縁だと思う。
やってよかった。
鍋を囲んでなんだかんだと現状報告をしつつ、あっという間に終電の時間になってしまった。

終電で帰るなんて久しぶりだ。
その久しぶりで見えたことが一つある。
それは地元の零落ぶりだ。

金曜日の終電直後だというのに、タクシー乗り場に誰もいない。
並ばずにタクシーに乗ることができた。
これには驚いた。
新宿の喧騒から比べれば、ほぼゴーストタウンだ。
なんだか久しぶりのいい気分も一気に冷えてしまったなあ。

プロレス見ながらギネスでも飲んで気分直しをするとしよう。
でもほどほどにしないとな。

今日はまた昼からブックパーティに出かけなければならない。
その前にある程度固めておかなければならない事案もあるしね。
 
 

読書メーターまとめ

今月はまだこれを書いていなかった。
サクッといきます。

10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2355ページ

▼読んだ本
史記の風景 (新潮文庫)史記の風景 (新潮文庫)
ある縁があって頂いた一冊。ずっと後回しにしていた中国史に、ちょっと興味が出てきた。
読了日:10月05日 著者:宮城谷 昌光
カッコカワイイ宣言! 1 (ジャンプコミックス)カッコカワイイ宣言! 1 (ジャンプコミックス)
ショルタクフゥーフ!
読了日:10月06日 著者:地獄のミサワ
悪貨 (100周年書き下ろし)悪貨 (100周年書き下ろし)
終盤を読んでいるところで「一ドル=81円」のニュース速報。もう最初のドミノは倒れているのかもしれない。
読了日:10月08日 著者:島田 雅彦
本格小説 上本格小説 上
21世紀に入ったばかりの頃に、現代の日本語を使って、昭和の後半を舞台にこれだけの「物語」が成立しうるとは!もっとこの人の書く言葉を読みたいなあ。
読了日:10月18日 著者:水村 美苗
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
ルシウスが「ローマ人」という大きな括りだけではなく「浴場業界」という小さな共同体の一員としての役割に目覚めるところに物語的な成長があって、単なる「気の利いたうんちく漫画」とは違う力量を感じた。
読了日:10月18日 著者:ヤマザキマリ
日々ロック 1 (ヤングジャンプコミックス)日々ロック 1 (ヤングジャンプコミックス)
『ノーホシ・ザ・ルーザー』以来の少年ロック漫画。
読了日:10月19日 著者:榎屋 克優
本格小説 下本格小説 下
読むのは遅い方だが、息切れせずに読みとおすことができた。引きこまれるようだった。終盤は思わず音読を交えながら読み入っていた。そして読み終えたら、行ったこともないのにあれほど鮮明に思い描くことができた信州の風景が、すべて消えてしまった。最高だ。
読了日:10月22日 著者:水村 美苗
大島弓子選集 (第12巻)  夏の夜の獏大島弓子選集 (第12巻)  夏の夜の獏
他者性のレンズを通して自分をズームイン・ズームアウトする感じ。
読了日:10月25日 著者:大島 弓子

読書メーター
 
 

貧者がスタイルを生む

台風の影響は予想より少なかった。
いいことなんだけど、季節外れにのこのこやってきて、
この程度の存在感しか残さずに去っていかれてみると、
警戒して損したような、何やら妙な気分だ。
肩すかしをくらったというか。

いやまあ、影響が少ない方がけっこうなことではあるんだけど。
そのおかげで電車も無事に動いている。
便利だ。安全だ。それに異論はない。
その恩恵にあずかっているのだから。

ただ、こうして気象からの影響が少なくなるにつれて、
どんどん自然が遠くなっていく気がして何やら不安にもなる。
ただぼんやりとした不安だけれども。
あ、ぼんやりしてるのはいつものことか。

では、ぼんやりと話は変わる。

先日、僕の弟から聞いた話がなかなか面白かった。
何の話かというとファッションの話である。
アローズとか覗いてみてもカーディガンに12,000円など出す気になれず、
結局手ぶらで帰るのが常となって久しい僕がファッションの話をする。
しかもヒップホップ・ファッションについてだ。
おかしいだろう。

きっかけは忘れたが、弟との会話がそういう流れに向かった。
ちなみに弟は中学生のころからヒップホップ音楽に興味を持ち始め、
15歳で愛読誌が「ブルース&ソウルレコーズ」と「BUBUKA」という、
真っ正直に捻くれた、微笑ましい馬鹿者に育った。

ひょんなことから、かつてのヒップホップ関連人物がまとっていた、
ダボダボの衣類について話が及んだ時のことである。
なぜ、彼らはあんなにダボダボのオーバーサイズの服を着ているのか。
それについて、弟から解説があった。
それは、ヒップホップ・ミュージックというモノの来歴と軌を一にする物語の一端だった。

ヒップホップ・ミュージックは、言わずもがな、アメリカの大都市に暮らす、
若い黒人たちの間で発生した音楽と言語による表現形態である。
その、若い黒人たちは、ほとんどが貧困層の生まれ育ちだった。
諸々の状況に迫られて、彼らは日銭を稼ぐために盗みを働く。
銃社会のアメリカで警備員と撃ち合いになるリスクを避ければ、
金融機関や宝飾店などは避けることになり、盗品を捌く手間を考えれば、
電気製品などの重いものは避けることになる。

そこで、主力商品(?)になったのが衣類だったようである。
押し入った店にある衣類をとにかく片っ端から運び出し、素早く売り捌く。
そうして日銭を稼ぎ暮らすわけだが、なにしろ店にあるものを選びもせずに
持ち出すわけだから、サイズはバラバラである。
小さすぎるものや、大きすぎるものは、やはり売ろうとしてもなかなか売れない。
小さいモノは甥や姪などに渡したりもしただろう。
それで、最後に残るのが大きなサイズのものだ。

もうお分かりだろう。
彼らは盗品を売り捌いた余りを着ていたということなのだ。
結果、大きなサイズのものをダブつかせながら着ていたわけである。

そういう連中の中から、ヒップホップ・ミュージックで活躍する者が出てきて、
その「異形性」がキャラクター化されて広まっていったというわけなのだ。
なるほど、理に適う。

窃盗が犯罪行為であるということは当然だ。
そんなものは感想ですらない。
ましてや意見などであるはずがない。
漢字ドリルをなぞるほどにも頭脳を働かせていない。
そんなことを言う人が、まさかルパン三世という、
泥棒を英雄視する作品を見たり読んだりして喜んでないよね。

この話の本質は、貧者が生きようとする苦し紛れの行為から、
いつの間にか一つの文化の芽が育っていたということなのだ。

侘びではない。
しかし結果として、その時点では侘び的な表現になっている。
だが、侘びと決定的に違うのは、その来歴を開き直ってスタイルにしているところだ。
侘びはそこを突出点にせず、さらに負へと向かう相対的な精神を持つのだが、
ヒップホップはそこで競争に参入する「権利」を得たと思っている節がある。
どうもそのあたりから急速につまらなくなっていったように見える。

とはいえ、結果として、そういうテイストの専門ブランドさえできた。
ともかくも、一派を立てたわけだ。
しかし、それを好んで選びとるのは、一体どんな人々だろう。
どういう経緯でそのスタイルが生まれたか、興味を持つ人がいるのだろうか。

装いが意志に基づかなくなったのなら、衣装が貨幣にひれ伏したのなら、
服飾に関わるすべての人は「ファッション」などと口にすべきではない。
"fashion"とは「作る」「成す」という意味の"factio"という、
意志を物質化する力を表すラテン語を語根とする。

この時代に、貧者の必然から新たなスタイルを見つけられるのか!?
我々は「お客様」じゃないんだ。
「貧者」なんだということを、忘れてはならない。
貨幣経済的な意味よりも、文化や意志を生きることに於いて、
最底辺にまで地盤沈下しているということのほうが、
人間としては深刻なものに思える。
 
 

対話したいです(BlogPet)

きょう、左脳と野生も評価されたみたい…
だけど、きのうよのなかが、対話したいです。
それでねこ組手がアピールしたよ♪
それでメディアとか動作する?

*このエントリは、ブログペットの「よのなか」が書きました。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。