スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

惨めじゃない日はあーりーませーんー

倉橋ヨエコ」という名前、見聞きしたことがある方はいるだろうか。
彼女はピアノを弾きながら歌うシンガー・ソングライター。

出会いは昨日。
部屋を片付けていたら、本棚の奥からCD付きのフリーペーパーが出てきたので、
聴いてみたら、その中に収録されていたのだった。
発行年を見ると、2002年と書いてある。
5年も眠りっぱなしだったのか。
こりゃあ、他に何が出てくるか分からんぞ、ということで、
こいつをスルーするか、それともガシッとロックアップするか、
という二択になるわけですよ。
そうなると当然、僕の漢気はこういう時にしか顔を出さないので、
リング中央で正面から組み合おう、まずはそれからだ、ということになる。

ダイジェストとはいえ、30曲弱のトラックが収録されており、
なかなかのボリューム。
なんだけど、どうもパッとしない。

レスラー同士は、組み合った瞬間に、お互いの力量を推し量るというが・・・

ダメ。
全然ダメ。
腰に来ない。
骨盤が反応しない。

どれもこれも、その頃に「インディーズブーム」としてもてはやされていた音、
「クラブシーン」として定型化されたアプローチなどばかりで、今になってそれらを聴いてみると、
時間というものがいかに静粛に淘汰の作業を進めているかがよく分かる。

その中で一人、異彩を放っていたのが彼女「<倉橋ヨエコ」の『人間辞めても』だった。

気になったので、ちょびっと調べてみたら、やっぱり面白い。

独特の声質を生かした情感溢れる歌唱と、それを支える力強く繊細なピアノは、
ちょっと矢野顕子を彷彿とさせるし、綺麗な曲も阿呆な曲も、
確かな実力に裏打ちされた、良質なエンターテインメントに仕上がっている。

なんて褒めておきながらまだCD買ってないんですが、
近々DVDも出るらしいので、それと一緒に何か買おうかなー、
とは思い始めているところ。

タイトルは、彼女を知ってる人と、リンク先を見た人なら分かると思います。

しかし部屋の片付けがまたしても半端な形で終わってしまったな・・・

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/103-0db6c08a

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。