スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

青く密かに

元町の洋菓子屋の二階で待ち合わせる。
一応シークレットゲスト扱いなので、遅れて到着。
元町か。
以前来た時よりも、街の雰囲気に飲まれていない気がするのは、
それなりに心の余裕が出来たからなのか、
それとも誰かが待っているということで、
我が身の寄る辺なさを感じなくて済むからだろうか。

フランス山を登り、港の見える丘公園へ。
ここから見下ろす港の周辺も建物が増えて、
ずいぶん景観が変わったように思う。

大佛次郎記念館のレンガの壁を撫で、花の少ないバラの庭を抜け、
公園を出たら外国人墓地へと下る。
入り口の前まで来ると、偶然にもこの日は解放日だったらしく、
区画は限定的ながらも中に入ることが出来た。
ツイてる。

入り口脇の小さな建物で史料展示にざっと目を通し、
墓地の順路へ足を進めると、白い猫が坐っていた。
誰の墓だろう。
名前はついていても僕はその名前を知らない。
墓石の上に、スッと背筋を伸ばしているその猫が、
ふとこっちを見上げた時に目が合った。

猫の瞳は青かった。
真っ白な細身の体から、鋭角な逆三角の顔が生えていて、
やぶにらみの眼が透き通るような蒼さで光っている。

その青は一瞬のうちに、海よりも濃く、空よりも淡くうつろう。

鮮やかで儚い輝きを両の瞳に宿して、どれくらいのあいだ、
あの猫はそこにいたのだろうか。
どれほどの時間を経れば、瞳はゆらめく青さを放つようになるのだろうか。

これからいつまでの間、あの猫はあそこで坐っているのだろうか。
その眼差しの前を、何がどれだけ通り過ぎるのだろうか。

あの猫は見つめつづけるのだろうか。
青く密かな、あの瞳で。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/128-cfbf6f77

古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガ

著者が理解した上で書いている。(理解できている以上のことは言及していない)これは難しい作業である。イラストは抽象的な甲野氏の世界を実にうまく表現している。イメージの世界に飛び込めない人たちには分かりやすい。実践し試行錯誤を繰り返している人たちには、他人...

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。