スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

外反母趾

痛い。
左足に外反母趾があるのだ。

外反母趾。
北京オリンピックの女子マラソン日本代表、土佐礼子選手もこの症状を抱えていて、
これが途中棄権の原因になる爆弾を作った、というニュースも記憶に新しい。

外反母趾は、一般的には女性に多い症状だといわれている。
これは男性に比べて女性のほうが先の細い靴や踵の高い靴を履くことが多いため、
つま先を締め付けたり圧迫したりする負荷がかかるからだという。

これとは逆に、足への負荷を避けるために、幅が広く密着しない靴を履いていると、
今度は足のへの刺激が少なくなりすぎて、足の筋肉や靭帯が弱くなってしまう。
その結果、足が横に広がって平坦になりやすくなる、という場合もあるらしい。

加えて、生まれつき足の親指が長い人もなりやすいそうで、僕はこれに当てはまる。
で、靴を選ぶ時は当然履き心地で選ぶから、長い親指が苦しくないようにと、
少し大きめのサイズを選ぶことが多くなる。
これが結果として二番目に挙げた例に当てはまることになり、症状が進む原因になる。

というわけで、痛い。

先ほど引き合いに出した土佐選手が足の甲の痛みを訴えていたことは覚えておいでだろうか。
最近まで僕もその痛みはなかったのだけど、今年の春先頃から、
左足の甲の頂上付近に少しずつ痛みが出るようになった。
のんきに暮らしている僕でさえそこそこ痛みがでるのだから、ましてマラソン選手、
しかも日本代表ともなればその負担は比べるべくもない。
これはもう死活問題になる。察して余りあるというものだ。

そこまでは行かないにしても、やはり痛い。

それに、今のうちに手を打っておかないと症状が進行してしまい、最終的には骨格が変形する。
そうなるともう元に戻すには外科手術で骨を削るしかなくなってしまう。

そこで、まずは靴を見直したいと思うのだけど、これがなかなかいいものが見つからない。
最初に述べたようにこれは女性に多い症状なので、
当然のことながらその周辺に発生する商品やサービスも女性向けの傾向が強い。
男性向けのモノは絶対数が少ないのだ。

さらに、それらの多くは通勤用のいわゆるビジネスシューズなので、
普段そういう靴を履く機会の少ない僕にとっては、目的から考えてあまり価値がない。
で、目当てのものが見当たらずに困っている、というのが今の状況なのだ。

そういう事情なので、何かいい情報がありましたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/217-907a6f93

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。