スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

花より工芸

行こう行こうと思っていて先延ばしになっていた、
国立近代美術館 工芸館で開催中の「花より工芸」という展示を観てきた。

細かい事を書くとダラダラしそうなので、できるだけ簡潔に。


一番の目当ては吉田良の人形。
他にもベルメールの人形写真、四谷シモンの人形を同時に見られるのが、
観に行こうと思った動機。

それ以外にも皿やオブジェなどに色々と面白い物があった。
ジャンルを特定しすぎない展示では、こういう「ついでの発見」があるのが嬉しい。

しかし「形」という表現は観ていて面白いなあ。
なんというか宇宙的だ。


ひととおり鑑賞後、北の丸公園をふらついた。
東屋に座って滝を眺めたり、小径を散策して葉の擦れ合う音を聴いたり。
ゆっくり歩くだけで汗が出てきたけど、とても居心地のいい場所だった。
いくつか俳句も作った。
なんだか最近俳句を考えるのが面白い。

帰りは清水門の方へ廻って、火付盗賊改方の役宅跡でも見ようか、
と思ったけど、あまりにも暑いのでまた今度。
本館を観に来た時にでも行ってみよう。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/24-cd7455de

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。