スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

体が食べる単位

最近、食に関して漫然と考えていることがある。僕の考えは基本的に漫然としているので、
ことさらに「漫然と」なんて言うべきではないかもしれないけど、
読む人がみな僕の思考の漫然さに寛容ではないだろうから、断り書きとしてつけておく。

で、考えていることというのは、味つけや食材の良しあしなどではなく、「食べ方」について。
日本人は食事のときに箸を使う。欧米などではフォーク、ナイフ、スプーン。
いわゆる先進国の大都市では様々な飲食店があり、世界のいろいろな地域の料理を供している。
そういった店へ行けば、当地へ行かずとも各地の料理を食べることができる。
さて、そこで出てきた料理をどのように食べるかというと、やはり基本的にはその料理のもつ流儀に従う。
ニューヨークの店だからといってざるそばをフォークとナイフでは食べないし、
焼いた肉の塊を切り分けるのに箸ではやはり不便だ。
食べ物によって食べ方が違ってくる。必要な道具も違ってくる。
で、道具が出来上がって体になじんでくると、今度はそれにあった食べ物を食べるようになる。
「食べ方」にこういうフィードバックが連環するようになるんじゃないか、ということがまず一つ。

それと、そもそもなぜ道具を使って食べるのか。
パッと思いつくところは、加熱した食物は熱いので、そのまま手にとっては食べられないということ。
人間がまだ完全に二足歩行せず、果物や木の実を拾って食べていた頃には、
生のままの食物を手づかみで食べていたはずで、人間が、というよりも動物が何かを食べるとき、
直にそのものに触れて口に運ぶ、あるいは口を食物のほうへ近づけるというのが、
やはり原型的な姿だろう。
しかし人間はそこから火を使うようになり、加熱調理をするようになったので、
そうして調理した食物に対応する「食べ方」を工夫するようになった。
これが道具を使って食べるようになった理由だと思う。

ただ、それがどうして箸のような単純なものと、ナイフやフォークのような、
言ってみれば大がかりなものとに分かれていくのか。

その前に、どうしてこんなことを考えるようになったのかというと、それにはきっかけがある。
ある日、なんだかタコスが食べたくなったので、スーパーでタコキットを買い求め、
家で食べることにした。
家に帰り、さっそく作ろうと思ったところ、サラダの余りがやや多めに残っていることを思い出し、
考えを変えてタコサラダ風に仕上げて箸で食べたのだが、なんだかどうも満足できない。
そこで、タコサラダの中からレタスをより分け、それで他の具材を巻いて手づかみで食べてみた。
すると、とたんに体が納得する感覚を得たのであった。
これはいったいどうしたことか。
さっきまでと食べている物の組成は何も変わっていないのに、全く違う「食べ物」になったのである。
そういえば思い出すのが、ご飯とおにぎりの関係もそれに近い。
焼いた鮭の切り身をおかずに茶碗に盛った飯を食べるのと、
握り飯の中に鮭の身をほぐして埋めるのと、含まれる要素は変わらないのに、明らかに別物である。
そう、両者の違いは「食べ方」にある。「食べ方」によって味の総体が一変するのだ。
では、食べ方が違うことによって、何が具体的に違っているのか。

よく言われるのは、「食べ物との距離が近い」という言われ方。
確かにそうだ。感覚としてはよく分かる。では、その「近さ」は何によって感じられるのか。
結論から先に言うと、僕の考えではそれは「単位」ではないかと思う。
ここでいう単位とは何の単位かというと、「ひと口という単位」のことだ。

というところで、道具の話に戻ってくるのだけれど、道具を使って物を食べるとき、
一度に口へ運ぶ食べ物の量がどのように決まるかというと、使っている道具によって違う。
箸なら一度につまめる量、ナイフとフォークなら食べたい大きさに切り分けて、
スプーンならそこに乗せられるだけ、というように、道具ごとに「単位」を持っている。
加えて、道具の大きさもそれぞれに一定ではないので、大きなスプーンと小さなスプーンでもまた違う。
同じ「ひと口」だと思っていても、その区切り方が違ってくる。
何よりも道具によってあらかじめ決められた単位に従わざるを得ないことになる。

ところが、手で食べる場合だと、これがまったくの任意になる。
食べ物を手でつかんで、かじり付く。
すると、開いた口の大きさ、前歯にかける顎の圧力、食べ物を支える手の力、
そういう体の機能が一瞬にして連動し、食べ物を「ひと口」に切り取り、そのまま口内で咀嚼することになる。
この動作全体が「ひと口という単位」になっているわけだ。
これは食べ物に手を伸ばすその時から、「食べている状態」が起動しているのであって、
その後の一連の動作を含めると、食べ物と自分の体が繋がって一体になる感覚を生み出しているのではないか。
ということは、手でつかんで物を食べるときに、その食べ物と一緒に自分のその動作ごと、「食べるという状態」の感覚ごと食べているのだと言えはしないだろうか。
手でつかんで物を食べると、その感覚がムズムズと体の奥から立ち上がってくる。
それが「近さ」の正体ではないだろうか。

ならば、何かを食べるとき、我々は自分の身体をヴァーチャルに食べているということにもなるかもしれない。
つまり動作として外部化された自分の身体感覚ごと食べていると言えるのではないか。
手に触れる食べ物の質感や温度、それを口に運ぶ時の重さ、歯をあてた時の弾力、
そういうものを体は逐一に感じていて、その時点で食べ物と体は一体化しているのだから、
その食べ物は既に自分の体になっており、それを物理的に取り込む行為は、
概念的に自分の身体を食べていると言えるのではないか、というか、そう言ってみたい気がする。
タコスをタコサラダにしたら満足できないのはそのせいで、「タコスを買う」という時点から、
「食べている状態」が起動していたのに、途中で体とは関係のない事情によって食べ物が変わってしまったので、
体が食べる単位とは違うものを食べたことになり、食べている感覚に結び付かなかったのだろう。
それを食べたときに、そこには自分の体が入っていないことに、僕は気付かなくても、
僕の体は気付いていたのだ。

皆さんはどう思われるでしょう。
まあ、こんなくだくだしいことを抜きにしても、手づかみで食べるのはとても美味しいものです。
その美味しさがどこからやってくるのか、それを僕なりにちょっと考えてみたわけですね。

さて、近況報告というにはいささか長くなりすぎたようなので、ひとまずここまで。
箸とナイフ、フォークの違いについては、また別の機会に考えてみるとしよう。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/281-0a892bcd

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。