スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

「日」めくりしましょう

赤瀬川原平の『新解さんの謎』を読了。

http://book.akahoshitakuya.com/b/4167225026

おもしろい。めちゃくちゃおもしろい。
するすると先へ読み進んでしまう。

文にリズムがある。
陽性で、かといってただ能天気なのではなく、メタな視点を含みつつ、
それでいてグズグズと内省にはまり込むことはない。

芸ですね。こういうのを文芸というのだろう。
読んでいるあいだ、どこかで似たような読み味の文章を読んだような気がしていて、
読み終えてから記憶を辿ってみると、そうだあの人だ。

町田康。
語調は別として、文章全体のリズムは似たものがある。
くねくねした思考の奇跡を軽妙に読ませてしまう技にも共通するものがある。

文章についてはマーチダ先生が意識して真似ているのかどうかは分からないが、
両者の表現には何か相似律が介在しているような気がする。

反抗者というイメージとでもいうものだろうか。
だけど「反抗」と書くとなんだか大袈裟にポーズをとっているみたいでイヤですね。

そうではなくて、日常で目に付いた世の中の「めくれ」のようなものを見つける視線。
そして見つけたその「めくれ」を摘まんでめくりあげていくことで、
あれ、このまま端っこをめくるだけで世の中がぐるっと転覆しちゃうぞ、
ということを面白がりつつ、世の中に返していくというスタンスのようなもの。
そういうところが似ているんではなかろうか。

政権交代とかいうくだらない運動会に付き合ってないで、
みんながそれぞれに「めくれ」を見つけて摘み上げていくことで、
世の中がもっと面白い方向に転がっていくといいですねえ。

「日」常めくりが、いつしか「日」本めくりになる日が来るかも。
みなさん、それぞれ勝手に日めくりしましょう。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/307-59ead8af

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。