スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Radiko Radiko

中学生のころ、夜更かしを覚えた。
まだ、自室にテレビは与えられず、ラジカセが深夜の友達だった。

いまはすっかりご無沙汰なので、ラジオの深夜放送がどうなっているのか分からない。
僕はそのころ「三宅裕司のヤングパラダイス」を聞くのが日課だったけど、
何が面白くて聞いていたのかよく覚えていない。
ただただ、毎晩ときめいていた。

いま思えば、それはテレビから生放送が姿を消していった時期と重なる。
「いま、声が届く」という感触に反応していたのかもしれない。
ヒットチャートもまだいまほど学級新聞化はしていなかったし、
誰もそんなものに意味があるなんて思っていなかった。

ただの統計が、価値に化ける。
最初に狂うのは、いつも真面目で熱心な奴らだ。
そういう連中に、普通の言葉で話しても通じない。
だから別のやり方を探すしかない。

というわけで、こいつを見てくれ。




このときコステロは、アメリカのマーケットを"Less than zero"にするリスクを承知で、
自分の表現したいことは何か、自分は何をしているのかということを選んだ。
これをそのまま放送したNBCもなかなか腹が据わっていると思うが、
セックス・ピストルズの穴埋めで声がかかった無名のミュージシャンが、
自分の「いま」を伝えようとして必死にあがいている姿が胸を打つ。
この放送を見た10代~20代の多くがこの演奏に心惹かれたことだろう。
「同じ気持ちで生きている」と思ったに違いない。

というわけで、ラジオ界の良心にささやかなエールを送りたい。
こちらをチェックしてほしい。

http://radiko.jp/

僕が評価したいのは、interFM が入っているところ!
このチャンネルは音楽のセレクションを大事しているし、
国際感覚とローカリズムを並列に扱っているところが面白い。
以前から気に入っていた放送局で、カーラジオは常にこのチャンネルに合わせてある。

クズ同然と化したヒットチャートやテレビのランキング番組は燃えないゴミに出しましょう。
促成栽培ばかりのシーンなんかいらない。
そういう健全な人類にはお勧めです。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/364-1d920511

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。