スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

テレビの悲鳴

ペイイイイィィィィィィィインンンンン

最近テレビをつけるとこんな音がする。
(この場合の「つける」ってなんて漢字を使えばいいんだ?)
しばらくつけっぱなしにしてると啼き止むんだけど。
普段テレビ自体はあんまり見ない。
テレビ放送自体は嫌いじゃないんだけど、つまんないモノが多すぎるのと、
CMが多すぎるので、付き合いきれないのだ。
それでもまるっきり見れないのは困るし、ビデヲやDVDを再生する時にも困る。

ひょっとして僕のこういう接し方に対するテレビからの抗議なんだろうか。
本来は電波受像機なわけで、「番組受信してナンボ」という意識があるのか?
だけど僕も好きでそういう扱いをしてるわけじゃないんだよ。
だってつまんないんだもん。

その話はとりあえず置いといて。

そもそも貰い物を10年近く使っているので、物自体は約15年使用されている。
さすがにそろそろ寿命が来ても不思議ではないかな・・・
買い替えも考えなければ。

やっぱり液晶かな・・・
地上波デジタル対応機にすべきかどうかも考えどころだし。
「家電リサイクル法」という企業の環境対策への努力を妨げる法律もあるので、
テレビの場合だと予算には3000円を上乗せして考えないといけない。

そういえばテレビ局ってこの法律には知らん顔なの?
どれだけ番組作っても、受像機がなければ価値がないのに。
この辺も「観ている人間」に対する意識の低さを象徴しているような気がする。
このあたりもテレビメディアの嫌いなところ。

なんか「テレビ」って単語が絡むと、こういう不満が次々に沸いてくる。
小さい頃はテレビっ子だっただけに、失望も大きいんだろうか。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/4-58d04bca

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。