スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

DOYAGAO

雷電「むう、いま土冶顔と言ったか・・・!?」
富樫「なにーっ!知っているのか雷電ーっ!!」


土冶顔―

江戸中期、夕暮時になるとたびたび往来に現れ、
道往く人びとをたぶらかす化生の者があった。
この者はあやかしの術を使い、それを目にしたものはみな、
その鮮やかさに目を奪われ、あまりの驚きと興奮に、
正気を失わんばかりに動揺し、失神する者もあったという。
化生の者はその様子を眉一つ動かさずに眺めるというのが特徴で、
その表情が土で作った人形のようだということから、
いつしか「土冶顔」と呼ばれるようになった。

『日本奇貌史』 民明書房刊

http://bit.ly/9mQZDl


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


コミケロ「ドヤドヤドヤーッ!」
実況「あーっと!なんだこの体勢はーっ!!」
コミケロ「喰らえっ!ドヤガオーッ!!」
ブロッケンJr「ゲェーッ!見たこともない奇ッ怪な構えだぜーっ!」
スグル「ムオオ~ッ!」
ミート「王子ーっ!」
テリーマン「そういえば、聞いたことがある」
ロビンマスク「知っているのかテリーマン」
ラーメンマン「あれは・・・ドヤガオ!話には聞いていたが・・・!!」
テリーマン「慰問試合でフィリピンの米軍基地へ行った時のことだった。
      ミーはジェロニモと組んでメインイベントに出場した。
      試合は接戦だったが、最後はジェロニモが得意のチョップで
      フィニッシュを決めた。その相手がリングを降りる間際、こう言った。
      "負けたのは残念だが、今日の出来ならドヤガオの刑はないはずだ"と」
ラーメンマン「この技をまともに受けると、精神を破壊されてしまうのだそうだ。
       やがてはみずからその技を仕掛けられることを望むようになるという。
       じわじわと相手をなぶるような、とにかく凄惨な技らしい・・・!」
テリーマン「そう、彼らも同じことを言っていた!」
正義超人一同「グ・・・グムー」
ミート「王子ーっ!」

http://bit.ly/cYNcck

スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/404-29044eda

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。