スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

読書メーターまとめ<2011年12月分>

今日は雪という予報に、実は昨日から物凄くワクワクしていました。
いい歳したおっさんが、雪を踏みしめたくて待ち構えてました。

しかし、さっぱり降りませんでしたね。
ただただ寒いだけです。
いわゆる「肩すかし」を喰らった状態です。
口惜しや。実に口惜しや。

肩すかしと言えば、最近の大相撲です。

昨年の一応の「仕切り直し」以来、改善されてはいますが、
どうもこの肩すかしやはたき込みなどの決まり手が依然として多い。
駆け引きも勝負のうちとはいえ、それらはただ勝たんがための小細工に見えて、
「力士」の姿には思えず、いかにも興醒めという他はない。
ああだこうだと、注文を付けるほどの内容もなく、ただ白黒の星だけが残る。
小兵が必死に工夫しての奮闘ならばひとつの見どころとして光りもするものだが、
同じような体格の者同士が向き合っての結果がそれでは、
見ている者としてはため息しか出ない。

把瑠都の初優勝は本当にめでたいと思うし、心からお祝いする。
だけど、彼は本来、白星を拾う立場ではなくなって久しいはず。
ぶつかってくるつわものどもを、埃を払うように跳ね返す存在になって欲しい。

白鵬が丁寧に鍛え上げた刀のような力士であるならば、
ずっしりとした鉞のような力士も見たいと思う。
しなやかに伸びる槍のような力士も見たいし、
叩きつける鎚のような力士も見たい。

一ファンとしての素直な心情としては、それぞれの力士が、
それぞれに一番いいところを発揮して、土俵を彩って欲しいと思う。

と、やや力んだ前置きに続いて、2011年12月の読書メーターまとめです。



~・~

2011年12月の読書メーター


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/


~・~


なんと、2011年12月の読了はゼロ!
ナッシング!

みなさんのため息が聞こえます。
まさに「肩すかし」ですね。
この「なんじゃそら感」のダメージ、お分かりいただけたでしょうか。

把瑠都には、この「なんじゃそら感」を吹き飛ばすつもりで、
残り二日の取り組みに臨んでほしいと思います。

さて、本題の読書メーターまとめについてですが、
読了本が登録されていないので、当然、何も言うことがありません。

なので、相撲ネタついでに、僕の好きな力士の成績を添えておきますね。


2012.01.20 初場所13日 結果

日馬富士 ○○○○○●●○○○●○○ 10勝3敗
鶴竜   ○○○○●○●●○○○●○ 9勝4敗
隠岐の海 ●●●●●●●●○○●●○ 3勝10敗
松鳳山  ○○○●●○●●●○○●● 6勝7敗
隆の山  ●●●○○●○○●●○●○ 6勝7敗

安美錦  ●●●○○●○○●○○○● 7勝6敗
豊真将  ○●○●●○○●●○●●○ 7勝6敗
千代の国 ○○○●○○●○○○●○● 9勝4敗


優勝は把瑠都に決まりましたが、あと二日の相撲内容こそが、
この優勝の価値を左右することになるでしょう。
とりわけ、千秋楽は白鵬との直接対決になるはず。
楽しみにしたいところです。

ま、相撲の話はこれぐらいにしておきましょう。


さて、いろんな本を摘み読みしていたんですが、いちいち登録するのが面倒で、
2011年12月は結果としてついに完全0冊というデータが出現しました。
情けないなあ、とは思いますが、これを年頭に見つめるコトが大事だと思います。

読書メーターは土俵上の勝負と違って、あくまで自己申告なわけですから、
自分の怠惰さも含めての「真っ向勝負」こそが必要だと思うんですね。

読書メーターの「読んでる本」機能を上手く使えていないのを自覚するのと同時に、
「本について発言する」というのは、「自分がその本を読んでいる状態を告白する」
ということに尽きるのではないかと思って茫然としてしまっていることもあり、
立ち合いに臨む力士の心境に近付かなければ一言も言えないんじゃないか、
なんていう思い上がった心理状況になってしまっているので、
今は自分と同じ誕生日のライプニッツという大横綱に胸を借りようと思っているわけです。

2012年は、折に触れて、機会のある限り胸を借りまくっていきたいと思います。
ポストで返却できないような、デカイやつにぶつかっていきたいですね。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/436-0a3ad47d

まとめtyaiました【読書メーターまとめ<2011年12月分>】

今日は雪という予報に、実は昨日から物凄くワクワクしていました。いい歳したおっさんが、雪を踏みしめたくて待ち構えてました。しかし、さっぱり降りませんでしたね。ただただ寒いだけです。いわゆる「肩すかし」を喰らった状態です。口惜しや。実に口惜しや。肩すかしと...

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。