スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

読書メーターまとめ

こんばんは。
あっという間に6月ですね。

5月中に4月分をUPしていなかったので、
いまさらですが挙げておきます。


~・~

4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1150ページ
ナイス数:1ナイス

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国
これは、ルネサンス世界と室町日本の邂逅を、一筋の儚い情熱を辿りながら「夢見直す」ために、若桑みどりという日本人が「書かざるを得なかった私的歴史探偵小説」である。
読了日:04月06日 著者:若桑 みどり
一房の葡萄 (280円文庫)一房の葡萄 (280円文庫)
読了日:04月24日 著者:有島武郎
三国志 7 (希望コミックス カジュアルワイド)三国志 7 (希望コミックス カジュアルワイド)
読了日:04月25日 著者:横山 光輝

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


~・~

正直言って、一ヵ月前のコトなのでほとんど覚えていません。
あと、またしてもいくつか登録漏れがあったような気がしますね・・・

それはさておき、角川の「280円文庫」というシリーズ、初めて知りました。
地元の駅ビルに入っている書店で、何を探すでもなく書棚を眺めていた時、
他の文庫本とはやや趣の違う背表紙が目に留まり、手に取ったのです。

いわゆる名作の文芸作品を扱ったシリーズで、作家ごとに代表作編んだ短編集、
という位置づけでいいのかな?
学生の頃、CDショップに行くと「ベストプライス1800」というシリーズがあり、
そこから50~70年代のミュージシャンの作品を漁っていたのを思い出しました。

漢字や仮名遣いが現代的表記になっているのは、「デジタル・リマスター」に
相当するかな、と思いかけたけど、これは録音技術や環境よりプレイスタイルに
因する問題なので、そう単純には置き換えられませんね。

巻末には現役作家によるあとがきがついていて、それぞれの読み筋というか、
フィーリングを読めるのは、影響を受けたミュージシャンがライナーを書いたり、
あるいはラジオで紹介するような愛着と憧れが感じられて嬉しくなります。

そして280円なら、小中学生でも手が届きます。
こういうことが、未来の読者を育てていくのではないかと思います。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/441-24d25efe

★☆★☆外出があまりできない人にオススメです☆★☆★

【この記事で紹介中】読書メーターまとめ

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。