スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

敗者こそ声を上げよ

大津の生徒自殺、いじめ以外の要因も…市教育長
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120717-OYT1T01196.htm?from=rss&%3Bref

今回、校内や教委に家宅捜索が入ったのは、警察権力拡大の足掛かりのような気がして、
あまり歓迎できないと思っている。
被害の訴えを無視し続けたことが、事態の深刻化の大きな一因でもある。
加害者としては「第三親等」に位置するわけで、本来はその届出の経緯のすべてが、
適切な外部調査を受け、裁かれなければならない筈なのだ。

それでも、報道から知る最近の事態の推移をみるに、「止む無し」の印象が強い。
同様の学校病理の報道は今までに(物足りない検証ばかりだが)いくつもあった。
それでも、ここまで醜悪な展開は記憶にないものだ。
今まで見えなかった同様の事態がどれだけあったのかと想像すると、
この猛暑でも思わずエアコンの設定温度を上げる。

実に悲しいレベルアップだが、震災・津波・原発という三つの経験により、
多くの人々の「痛み」への想像力は成長しているのだと思う。
だから、その格差がいま明らかになっている。

自分より弱いものに対する態度こそが、人格の根幹を作るというコトを、
あの時期に感じられた人とそうでない人の差がどんどん広がっている。

その結果、多くの人々が「学校に内部自治の見込みなし」と判断しているから、
今回の警察の動きも反発が少ないのだろう。

しかしこれは、すでに起きた暴力をより大きな暴力でねじ伏せる関係だ。
要するに後出しジャンケンである。
他者のルール違反や失策につけこんで正義の味方になりすましているのだ。
(これは米共和党の得意な、というか唯一の方法でもある)
この先どうなるものか、まったく信用ならない。

だけど、ジャンケンにはもう一つ大事なルールがある。
それは「出さなきゃ負けよ」というルールだ。

つまり、これは僕の負けなのだ。
そして、いま、この事態を知って憤っている全ての人の負けなのだ。
それを認めないと、加害者の非をあげつらって終ってしまう。

今までの犠牲とこの負けを種として、さらにこの怒りを糧として、
今日も心を耕していくしかない。
そうして、追いつめられた誰かの目にも止まるような花や実を、
自分なりにではあるけど、結んでいきたいものだ。

敗者の悲鳴こそ歌の源だぜ。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/445-5cbf7760

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。