スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

人的補償って?

大して興味のない記事がスポーツ紙に一面を飾ってたりすると、
なんだか居心地の悪さを感じてしまう。

新年早々こんな記事が載っていて、
この選手も僕も居心地の悪い一年になりはしないかと気を揉んでいる。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/01/06/01.html
僕も子供の頃は少年野球チームに入ったり、
高木豊のサインを部屋に飾ったり、
横浜スタジアムに行くのが楽しみだったりしたけど、
今は特別熱心な野球ファンとは言えない。
同じ時期に興味を持ち始めたプロレスのほうが好きだ。
プロレス界は良くも悪くも常にめまぐるしく変化しているが、
プロ野球界はずいぶんとのんびりしているなあ、
とこのニュースを見て思った。
まあ野球界のことを追っかけてないからよく分からないだけかもね。

FA制度はまあなんとなく覚えてるけど、この制度がまだ問題になっちゃうの?
まだ解決できてないの?
というのが最初の感想。

あと気になるのが「人的補償」という言葉。
さっぱり意味が分からない。
移籍した選手の代わりに選手を出すんなら、
それはトレードって言うんじゃないの?
しかもこのケースだと後出しジャンケンみたいな感じがする。

トレードの判断は球団の責任だけど、
FA移籍なら成績悪くてもそれは選手個人の責任であって、
球団の責任は問われないからかな?

ともかくこの「人的補償」という言葉が気持ち悪くてしょうがない。
誰か詳しい方、教えてください。


スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/7-a44c548f

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。