スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

行き当たれ毎日

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

俺、神楽坂を上る。頂上付近で左には毘沙門。
その向かいだから俺の右に「福屋」というせんべい屋。
「毘沙門せんべい」と書いた看板が俺を見てる。
左にも右にも毘沙門。ビシャモン。
だから俺、くるっと回ってビシャモンにならないといけない。
挟まれたからね。ルールは守る。
Be者悶。

でも本当は違うのに。
この店はビシャモンよりカンザブローなのに。
この場合だとビシャモンはオフサイドじゃねえの?
頭脳が渋滞してる。

親父が店先でせんべいを焼いてた頃から確かに向かいはビシャモンだった。
だけどそこで勘三郎セブンティーンがしきりに物言いをつけるわけだよ。
「もっとガジガジに焦がさんといかん。そんなものはせんべいとして認めない」
カンザブローといえば大物でしょ。
だから親父はせんべいを焦がしてカンザブロースタイルを身に付けて、
みんなもそれを認めた。
てことはここではビシャモンよりカンザブローが前に出てて、
それを今さらビシャモンが追い越すのはオフサイドだろ?

すると親父は店先に出てきて、俺を店に引っ張り込むなり、
コンロの上の網に乗っけて焦がし始めた。
遠赤外線で。
ぐげげ。
あちいなあ、と網の下を覗くとカンザブローが真っ赤に燃え盛っていた。
人はだいたい死んだら灰になるけど、彼は焦げが好きすぎて炭になったらしい。
それって役者の鑑だと思う。

思うけど、俺は炭になりたくなんかない。
転がるようにというかもう転がってた。
体の右半分がもう焦げてるから。とにかく逃げる。
這い出すようにというか這いずって店を出ると、鎧を着た仏が坂道に立っていた。

仏は藪から棒に俺の腰に手を回して担ぎ上げ、ブリッジを効かせて後ろへ反り返った。
へそで投げるバックドロップ。
ホトケサマのバックドロップ。
受身が取れず脳天から神楽坂に突き刺さった俺は、股間からパリパリと裂けていた。

二つに裂けた俺は一つの俺たちで、
ここ神楽坂では焦げてればカンザブロー、焦げてなければビシャモンだから、
とりあえず右側のカンザブローはせんべいを買い、
その間に左側のビシャモンは寺で鐘を突き、
照れくさいけど帰りは手をつないでみようと思う。
ノーサイド。

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

だいぶ放置してしまいましたが、いちおう元気です。
放置するきっかけについてはまた追々。
ちょっとびっくりするトラブルがありましたので。

その間、ボケーっと相変わらず自慰的な日々を暮らしていたなかで、
編集稽古」という、あるカリキュラムの基礎編を終えました。
上に書いた町田康もどきの文章は、その中で提出した回答に、
ちょっと手を加えたものです。

再開にあたって、どんなことを書こうかといろいろ考えたのですが、
とりあえず「今の僕」をお届けする事が一番いいだろう、と思って。

ここには公開しなかった日録も某所にupしてあるので、
随時追加していきます。
なので、いるかどうか分からないけど、
熱心な読者の方は過去のエントリにも目を光らせていてください。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/70-6c6fc663

せんべい

せんべい煎餅(せんべい)とは、焼き菓子の一種で、概して平たい形状のものをいう。大きく米を原料とするものと、小麦粉、卵などを原料にするものの二種類がある。米を原料とするものは、主に関東の古くからの煎餅と呼ばれたもので粳米(うるちまい)をつぶしたり搗(つ)い

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。