スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

優しさの種

一週間前。
大雨の木曜日。
雨好きの僕はこれ幸いと、南向きの大きな窓を網戸にして、
雨音と、冷たく潤った風を部屋の中に取り込んでいた。

その日は日曜日の夜までに仕上げなければいけない、
ある書き物に掛かりきりで、主食はコーラと眠気覚ましのドリンク剤、
時々ヨーグルト、という自宅合宿生活が始まったところで、
なかなか集中力が高まらずに苦労していた。

そこに恵みの雨。
少しずつギアがまわり始める。
徐々に激しくなる雨脚と共に、キーボードに降る指先も加速していく。
そんな矢先だった。
網戸の向こうから、突然、子供の泣き声が聞こえてきたのは。
なんだよ、せっかくいいリズムだったのに・・・
外を覗いてみると、薄いピンク色の小さな傘が揺れていて、
泣き声はその中から響いていた。

家の前は細い私道だ。
用事がなければ住民以外は通らないし、
僕が子供の頃とは違って、最近ではここが子供の遊び場になることもない。
迷子だろうか。

何事かは分からないが、まあ何にせよ放っておくわけにもかないだろう。
勢いに乗りかけた作業を中断するのはいささか勿体ないが、仕方ない。

階下に降り、庭に出ると、状況が少し明らかになった。
我が家の前の細い路地で、5~6歳程度の女の子が声をあげて泣いている。
足元には彼女のものらしい小さな自転車が倒れている。
路地の出口方向に目を向けると、我が家に隣接する郵便局があり、
いつもその脇に停まっている自転車が、倒れて雨ざらしになっている。

女の子の方へ目を移してみる。
彼女は全体をピンクで統一した可愛らしい格好をしていて、
傘からキャミソール、長靴、そして倒れた自転車もピンクという徹底振りだ。
この子の好みなのか親の意向なのか。
子供に着せる服の色を限定しておくと、一緒に連れて歩く際に万一はぐれても、
その色が目印になるので探しやすい、という話を聞いたことがある。
いや、そんな事を考えている場合じゃないな。
雨の中、一人きりで泣き暮れているんだ。
どれだけ心細いか、想像できないほど鈍ってはいないつもりだ。

警戒されない程度に笑顔を作り、あくまで落ち着いた声の調子を心掛けながら、
できるだけ穏やかな言葉遣いで声をかける。
何よりも落ち着かせることが先決だ。
こっちが慌てているそぶりを見せてはならない。
ただでさえ不安なはずの彼女に、これ以上の混乱を招く要素を与えてはいけない。

具体的なやり取りは省くとして、彼女とのいくつかの会話、
というか聞き取りによって、状況の全体像が見えてきた。

事態はとてもデリケートだ。
どうすれば彼女を救うことができるだろう。
お得意の正論節を持ち出したところで、
現状を改善するには全く役に立たない。

だから僕は体を使うことにした。
彼女の頭を撫で、自転車を起こし「もう大丈夫だよ」と微笑みかけることにした。
彼女の歩幅に合わせて、ゆっくり自転車を押して歩いた。

そんな時、彼女を見捨てた一団が、現場へ帰ってきた。
三人。
女の子が二人。男の子が一人。

ここでも細かいやり取りは省くことにする。
あまり思い出したくない内容だった。
責任のなすりあいというのは、いくら子供でも可愛くは見えない。
幼い言葉で保身を図るその姿には、少なからずショックを受けた。

雨も激しさを増してきている。
このままではお互い風邪をひいてしまうだろう。

とりあえず、パニックになってしまったのは分かるが、
友人を見捨てて逃げたのは状況から考えて最低の選択だということと、
また同じようなことがあったら、逃げないで、
自分のできることを探して、してあげてくれ、
ということを簡単に話して、彼女たちを見送った。


シャワーを浴びながら、あの子がどんな気持ちだったかあらためて考えてみた。

一人きりで、知らない場所で、雨の中で泣いている。

自分の置かれた状況が理解できない。
自分のできることが分からない。
自分が今何をすれば進めるのかが見えない。

ここ数週間の、僕自身の心の疲弊がそうさせるのかもしれない。

ふと、彼女の姿と、幼い頃の自分と、今、落ち込んでいる自分の、
三つが重なって見えたような気がした。

今日のことは、彼女の心に傷を残したかもしれない。
その痛みが、彼女の心に優しさの種として残ればいい。
いつか芽を出して、可愛らしい花を咲かせてほしい。
きっと。

さて、僕の心に残った種はきちんと芽を出しているだろうか。
とりあえず、世話の仕方を勉強しなおさないといけないな。
まずは凍りついた土壌を掘り起こすことから始めようか。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/98-d4692a8d

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。