スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

なぜだ、凶獣よ。~クリス・ベノワ死去~

クリス・ベノワが死んでしまった。
ショック。
未だに信じられない。
しかも話によれば、一家を巻き込んでの無理心中という線が濃厚だそうだ。

報道が事実であれば、きっと何か問題を抱えていたのだと思う。
おそらく、ある程度の期間に渡って。

レスラーとしては小柄な体格ながら、大型選手にもひるまず向かうタフガイ。
黙々と磨き続けた技術を武器に、並み居る強者たちからタップアウトの山を築き、
やがて頂点に登りつめた不屈の男。


あの時、あなたは海を跨いで苦楽を共にした盟友と抱き合って涙を流していましたね。
お互いのキャリアの頂点に達した日を共に讃えあい、共に祝福する姿に、
決して常に陽の当たる場所ではなくても顔を上げて咲き続ける花の力強さを感じ、
歩みを止めないことの大切さをあらためて教わった気がしました。

その花の名は、エディ・ゲレロとクリス・ベノワ。
しかし、エディは今から一年半前、突然散ってしまいました。
あの時あなたは泣きながらエディに「また会おう」と言っていましたね。
勘繰るならば、あなたはエディに会いに行くつもりで、
今回の行動を起こしたのかもしれません。
喪失感に打ちのめされ、心に空いた穴の中に自分自身が吸い込まれるような、
そういう気持ちの中で、ずっと苦しみ続けて、そこから開放されたかったのかも。

だけど、エディが亡くなった時、あなたを含む残された者たちを、
どれほどの哀しみが襲ったか忘れてしまったのですか?
そうは思いたくありません。

だから、この事件を信じることができないというか、信じたくない。
報道内容が事実ならば、なぜあなたはタップアウトを選んでしまったのか。
それもこんな形で・・・
そしてあなたを苦しめたモノの正体は、果たして何者だったのか。

真相を知るのは怖いような気もするけど、歩みを止めないためには向き合うしかない。
それはあなたやエディが教えてくれたことだから。

クリスチャンの世界では、自殺者や殺人容疑のある者にこの言葉を使うことは、
不適切なのかもしれないけど、一人のプロレスファンの立場として贈りたい。

ファンとして、クリス・ベノワとその家族に。
REST IN PEACE.
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nightfly.blog18.fc2.com/tb.php/99-0867222c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。